籾殻搬入

 ブルーベリーのシーズンも終わり、これからは来年に向けての管理作業に移ります。
近所の農家から籾殻の処分を兼ねて、農作業から発生した籾殻を運んできてくれます。籾殻はブルーベリーの畝間に小運搬しながら厚めにまき散らすことにより、来春の雑草を少し押さえることが出来ます。



園内の入り口に籾殻が降ろしてあります。
IMGP4918.jpg

籾殻を小さなリヤカーで小運搬します。
IMGP4919.jpg

畝間に降ろしたところ。後日厚めに敷きならします。
IMGP4921.jpg
IMGP4920.jpg

ブルーベリーの補植

 ブルーベリーを15本補植しました。枯れかけた樹や生育の悪い樹、そして果実が毎年小さく販売に適さない品種の植え替えです。
ハイブッシュ系は接ぎ木苗をラビットアイ系は2年前に人気の品種を挿し木した苗を使っての補植です。2~3年後から少しずつ収穫出来るでしょう。



植え替えたブルーベリーの苗
IMGP4915.jpg
IMGP4914.jpg


乾燥しないよう株元に籾殻をのせ、来年の1月新たに樹木のチップをマルチします。
IMGP4917.jpg
IMGP4916.jpg

防鳥ネットの片づけ

 ブルーベリーの防鳥ネットを片づけました。暑かったブルーベリーの季節が終わり、ブルーベリーを注文して頂いた多くのお客様方に感謝申し上げます。
 ブルーベリーの季節が終わっても雑草は霜が降りるまで成長するのでこれからも最低1回は草刈りが必要でしょう。そして成長の悪い樹や枯れた樹を新しい樹に植え替えたり、剪定や施肥作業が来年に向けて続きます。



ネットを外すと園内が開放的になり気持ちが良いです。
IMGP4913.jpg
IMGP4912.jpg

草刈り

 ブルーベリー園の草が激しく繁茂してしまい、毎日少しずつ草刈りをしています。夏の猛暑により草刈りをする時間が取れず草刈りが出来なかったのです。朝の5時からと夕方4時30分から注文のブルーベリーを収穫し、暑い日の中は作業が出来ず草刈りが出来ませんでした。そのため草の背丈が伸び、刈るにも通常の倍近く時間がかかります。
 今年はたくさん実を付けてくれたのでまだまだ収穫が出来ています。実は小ぶりになってきましたがとても甘くお客様に喜ばれています。
 



草が伸びて刈り払い機での草刈りも時間がかかります。
IMGP4905.jpg
IMGP4906.jpg

一畝草刈り完了。刈り取った草も大量です。
IMGP4907.jpg

ブルーベリーはまだまだ収穫が出来ています。
IMGP4909.jpg

ラビットアイ系が最盛期

 ブログの更新をやく1ヶ月サボっていました。サボっていたと言うよりいろいろありブログを更新する余裕ありませんでした。
サボっている間にハイブッシュ系からラビットアイ系に移りラビットアイの最盛期となってしまいました。
今年は猛暑続き、ブルーベリーの収穫を早朝と夕方に行ったため、日の中は暑くて仕事にならず草刈りがおろそかになり畑は恐ろしい程の草に覆われています。台風が過ぎてから少し日中にも作業が出来そうなので草刈りを始めたところですが、草が伸びすぎ通常の1.5倍の時間がかります。ブルーベリー農園としては草があまりにもひどいので写真を載せることが出来ません。

 ブルーベリーを栽培してしみじみと思うことは、完熟前と完熟果を見極めることの難しさです。品種にもよりますが摘み取りサイン(果柄)まで青く色づいていても甘くない果実があるため、軽くつまみながら堅いか弾力があるかをいちいち見極めなくてはならず、とても時間のかかる収穫となっています。お客様に出来るだけより甘いブルーベリーを提供したいので時間を掛けて摘み取るようにしています。



色付いたラビットアイ系のブルーベリーがたくさん実っていますが、完熟果を見極めながら収穫するのが大変です。
IMGP4903.jpg
IMGP4902.jpg
IMGP4900.jpg
プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム