今年の新群から採蜜

 今年の4月に捕獲した新群から採蜜をしました。やっと採蜜が出来るように巣板が成長したので実施です。1段の高さ15cmの重箱3段半まで巣が伸びたので蜜を頂くことにしました。ところが最上段の1段を切り取ったところ残りの巣板2枚分が下に落ちてしまいました。採蜜の時期がまだ早かったようで、もう少し気温が低くなるまで待つべきでした。特に新群の巣板は柔らかいので気温の高い時期の採蜜は避けるべきです。他の群も新群なので採蜜は10月まで待つことにします。
 


今年の新群。天板を外したところ。
IMGP4696.jpg

垂れ蜜で取り出した蜜の糖度は80.7%ありました。
IMGP4699.jpg

オオスズメバチが来始めました。

 今日の朝巣箱を見に行くと、4匹のオオスズメバチが巣箱の周辺を飛んでいました。今年も現れたかと早速1匹を捕まえネズミ用粘着シートに付けて巣箱の上に置くと、残りの3匹も間もなくシートにくっついてくれました。
約3時間後に見に行くと3匹増えて7匹がシートの犠牲になっています。今日が出始めなのでこれからどれくらいシートの犠牲になるか、おそらく1枚のシートでは足りなくなり交換するようになるでしょう。


今日からオオスズメバチ捕獲用のネズミ用粘着シートが出番となりました。
IMGP4691.jpg

3時間後。
IMGP4692.jpg

採蜜したが糖度は低そう

 巣板が3段半まで伸びたので上一段を切り取り採蜜することにしました。
湿度や気温の高いこの時期の採蜜は無謀とは思いましたが実行です。切り取った蜜には巣蓋が掛けてありましたが垂らしてみると粘度が低くさらさらと落ちてきます。糖度計で計るまでもなく糖度が低いことがわかります。
 そして気温の高いこの時期の採蜜は巣の上を切り取ることによって残った下の巣が落ちることを恐れていましたが、やはり巣板1枚が落ちてしまいました。幸い落ちたのが1枚でしたので取り出し大事には至らずよかったっです。
 この時期の採蜜はすべきではありません。気温・湿度が低くなる9月後半以降に採蜜すべきです。


上から3段半まで巣が伸びているので採蜜強行。
IMGP4687.jpg

天板を外したところ。巣蓋はしっかり掛けてありますが糖度が低そうです。
IMGP4688.jpg

ついに4回目の二次分蜂

 蜜蜂のブログが続いていますが興味のない方には失礼いたします。
今年の新群からの二次分蜂(孫分蜂)がついに4回目となりました。この新群の蜂数は相当少なくなっていると思われるので存続が危ぶまれ心配になります。
 午後5時に仕事から帰るといつもの分蜂誘導板に蜂の塊が、4回目の二次分蜂を起こしたようです。よく見ると2カ所に分かれています。片方はごく小さな塊で、もう一方の塊は平べったい形で綺麗な蜂球にはまだなっていません。どちらに女王蜂がいるのかわからないのと夕方が近いので明日までそのままにし様子を見ようと思っています。


4回目の二次分蜂。
 可愛い塊とまだ綺麗な蜂球になっていない塊
IMGP4660.jpg

IMGP4661.jpg

3回目の二次分蜂(孫分蜂)

 先日今年の新群が2回目の二次分蜂をしましたが、間2日おいて今日3回目の二次分蜂(孫分蜂)を起こしました。今年の新群なのであまり分蜂しないでほしいので、今回で終了と願いたいです。次4回目の分蜂となると元の巣の存続が危ぶまれてしまいます。

新群から出た3度目の蜂球。
IMGP4658.jpg
プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム