雨の日は蜜蝋作り

 日本ミツバチの巣屑がたまり雨模様なので蜜蝋作りです。作業をしていると雨なのにミツバチが蜜蝋の香りに引き寄せられ数匹寄ってきて作業を邪魔します。晴れた暖かな日にはたくさんのミツバチやスズメバチが香りに引き寄せられ集まってくるので、雨の日を選んでの作業です。

流し用のゴミとリネットに巣屑を入れて鍋で沸騰しにように煮ると蝋が溶け出し上に浮いてくるので、鍋ごと水に漬け冷やしてあげると早く蝋を取り出せます。
IMGP4730.jpg

蝋を取り出したところ。まだたくさん小さな巣屑が混ざっています。
IMGP4734.jpg

取り出した蜜蝋を再度溶かすため湯煎します。
IMGP4735.jpg

湯煎で溶かした蜜蝋をこし布を2重にした器に流し込み完了となります。
器は牛乳パックを使い、こし布は下に目の細かい布、その上にゴミとリネットを重ねるとゴミが漉され綺麗な蜜蝋になります。
IMGP4736.jpg

3群目の採蜜

 秋になって3群目の採蜜となりました。3群目はブルーベリー畑に置いてある日本ミツバチからです。ブルーベリー畑といってもブルーベリーの蜜というわけではなく、日本ミツバチは気ままにいろんなところから集めるので百花蜜になってしまいます。

ブルーベリー畑のネットの外に設置してあります。
IMGP4719.jpg

上1段を切り取ると蜜にはしっかり蓋が掛けられています。
IMGP4720.jpg

いつものようにビニールの袋の中で垂らします。
IMGP4722.jpg

垂らした蜜の糖度は79.8%ですから合格です。
IMGP4726.jpg

秋の採蜜

 9月末の採蜜です。今年の新群からの初採蜜なので育児にあまり使われていない綺麗な巣に貯蜜されているので蜜の量も多めのようです。

採蜜のため最上段を切り離したところ。
IMGP4706.jpg

巣箱から蜜の詰まった巣を外しました。
IMGP4709.jpg

ビニールの袋の中で垂らします。
IMGP4710.jpg

取り出した蜜の糖度は80.5%ありました。
IMGP4718.jpg

雨の日は蜜蝋作り

 先日雨の日に蜜蝋を作りました。室内で蜜蝋作りをすると室内が蝋の臭いが充満するのでいつも外での作業になります。
外で作業をしていると蜜蝋の香りが広がるのでミツバチやスズメバチが集まり作業の邪魔になるので、蜜蝋作りは蜂達があまり活動できない雨の日を選んで行っています。


出来上がった蜜蝋。溶かした蜜蝋を漉して不純物を取り除いています。
IMGP4703.jpg

以前から作り置きした蜜蝋。在庫がだいぶ出来ています。
ハンドクリームやリップクリーム用に需要があります。
IMGP4705.jpg

今年の新群から採蜜

 今年の4月に捕獲した新群から採蜜をしました。やっと採蜜が出来るように巣板が成長したので実施です。1段の高さ15cmの重箱3段半まで巣が伸びたので蜜を頂くことにしました。ところが最上段の1段を切り取ったところ残りの巣板2枚分が下に落ちてしまいました。採蜜の時期がまだ早かったようで、もう少し気温が低くなるまで待つべきでした。特に新群の巣板は柔らかいので気温の高い時期の採蜜は避けるべきです。他の群も新群なので採蜜は10月まで待つことにします。
 


今年の新群。天板を外したところ。
IMGP4696.jpg

垂れ蜜で取り出した蜜の糖度は80.7%ありました。
IMGP4699.jpg
プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム