日本ミツバチの蜜を瓶に詰めました。

 先日採取した日本ミツバチの蜂蜜を瓶に詰めました。同じミツバチ群から8月にも採蜜しており、1ヶ月後に2回目の採蜜でしたので、少なめのようです。瓶に詰めた結果、総量3,070gでした。日本ミツバチの蜜は、フルーティな香りが強く、とても美味しい蜜です。日本ミツバチの蜂蜜ファンも多く、すぐに売れてしまいます。
 今日、知り合いのレストランのパティシエさんにラズベリーと蜂蜜を納めました。すると、蜜蝋を使ってお菓子を焼いてみたいという話になりました。どんな風に使われるのか興味津々です。蜜蝋は黄色で香りが良く蜜蝋自体が本当に美味しそうです。これで蝋燭を作るのもいいですね。蜜蝋は、蜜蜂が安心して巣箱に入るように巣箱にも塗りつけます。お客様にお譲りできる蜜蝋は少しなのでお早めに。


125gと50g入れの瓶に詰めました。  糖度は、80以上です。
IMGP1109.jpg          IMGP1100.jpg

蜜蝋作り

 今日は昨日の採蜜後の蜜蝋作りです。石油ストーブを持ち出し、ストーブの上に鍋を掛けての作業です。巣のかすを2回濾過してきれいな蜜蝋を取り出すことができました。今回は76gと92gです。前回の蜜蝋もあるので、販売も考えますが、来年の日本ミツバチ捕獲用にも使いたいとも思います。
 蜜蝋作りの作業は軒下で行いましたが、作業中蜜蝋の香りに誘われたのか、ミツバチ達がさかんに寄ってきていました。分蜂群の捕獲に、蜜蝋はミツバチ達を引き寄せるのに重要な働きがあることが分かります。
 また、蜂蜜の付いた巣のかけらや、採蜜に使用したネットをミツバチの巣の脇に置き、ミツバチに蜜の回収をしてもらいました。


蜜蝋作りです。
1回目の取り出した蜜蝋   1回目の蜜蝋を再度溶かし濾します。 型に入れました。   できあがり。  
1回目の取り出した蜜蝋   IMGP1102.jpg        IMGP1104.jpg IMGP1106.jpg


ミツバチ達が蜜を回収に来ています。
IMGP1105.jpg

2回目の採蜜をしました。

 今日は28日、8(ハチ)の日ということで、今年2回目の採蜜をしました。日本蜜蜂は年1回の採蜜と言われていますが、巣の成長が早く重箱4段目まで一杯に巣が成長したので、8月に続き採蜜をしてしまいました。この蜜蜂は4月に初めてゲットした貴重な1群なので、冬越しのために2回目の採蜜については悩みましたが、重箱を5段以上にはできない理由があり、蜜蜂には申し訳ないのですが、やむなく採蜜することになりました。無事に冬越しできることを祈るばかりです。

巣箱を設置場所から脇に移し、6段目の重箱を継ぎ箱してから1段目を切り離します。併せて、底板を網板から冬用の網無しの板に変えてあげました。底板に巣の一部が落ちていましたが、原因は解りません。

5段の重箱を脇に移したところ。
IMGP1075.jpg

6段目の継ぎ箱をするためと、底板を取り替えるために外してみたら、なんと巣の一部が落ちていました。
IMGP1078.jpg

天板を外しています。
IMGP1083.jpg

1段目を取り除いた後の2段目の蜜の様子です。
IMGP1089.jpg

1段目の取り出した巣の様子です。見たところ蜜が少ないように見えます。
IMGP1090.jpg

今回も垂れ蜜にて静かに蜜を取り出します。
IMGP1095.jpg




 

籾殻をいただきました

 ブルーベリーの根元に樹木チップを毎年補充しようとしていましたが、落ち葉から作った腐葉土から、基準値以上のセシウムが検出されたニュースもあったので、今年のチップの補充は見合わせるかどうしようか悩んでおりました。そのような折、近所の方から籾殻が沢山あり畑に使わないか、必要であれば運んでくれるということでしたので、今年は籾殻を使うことにしました。籾殻はブルーベリーの根本にマルチしても風で飛びますが、少しは根元に残ってくれるでしょう。でも全部の木には足りないので、ハイブッシュ系のブルーベリーを中心にマルチすることにします。

籾殻運搬の車がネットの中に入れないので、ネットの入り口から小運搬します。この1山で1台分ですが、4~5台分くらい届く予定です。園内に草が目立ちますが、どんどん株元に運び入れます。涼しくなってきたので運ぶ作業も苦になりません。
IMGP1072.jpg   IMGP1073.jpg   IMGP1074.jpg


台風15号による被害がありました。

 いろいろな災害をもたらした台風15号でした。皆様方はいかがでしたか。
 私のベリー園も多少の被害がありました。まず、ブルーベリー園は、今年初めて設置した新しい防鳥ネットが、強い風に吹き寄せられ、外れたり、また風の力により数カ所破れてしまいました。設置をお願いした業者の方に、どのように対処したらよいか、今後のために相談しようと思います。それにしても新しいネットが裂けているのを見たときには、とてもショックでした。
 ベリー園のラズベリーは、支柱がしっかりしていなかったこともあり半分以上が倒されてしまいました。ブラックベリーは、枝・葉が茂っているのと、株元が弱いこともあり、強い風が吹くといつも傾いてしまいます。今回も思っていたとおり、全部が傾いてしまいました。ラズベリーやブラックベリーは、今年実らせた幹は根元から枯れてしまいます。冬の剪定時に、枯れた幹などを整理しますが、今年は風に倒されたのを機会に、早いかなという気もしますが剪定をしてしまおうと思います。
 本当に台風は困ります。

防鳥ネットが風で外れ、しかも何カ所か破けてしまいました。
IMGP1058.jpg   IMGP1059.jpg

ラズベリーがなぎ倒されています。
IMGP1067.jpg

ブラックベリーは、すべて傾いてしまったので、傾きを直しながら早いけど剪定をしてすっきりさせてしまいます。
IMGP1068.jpg   IMGP1070.jpg

米の収穫が終わりました。

 今年の稲作は、田植えから刈り取りまでいろいろありました。春先は地震により水田に水を送るパイプラインが被害を受け、復旧作業のため田植えが遅れました。無事田植えはできましたが、今度は収穫に向けて放射能がどのように影響するのか心配が続きました。幸いにも県の放射能検査にセシュウムは検出されず、出荷可能となり安心しました。
 わが家の水田も9月14日に刈り取り、15日には玄米となり収穫が終わりました。県の放射能検査はありましたが、わが家の米も安心して食べられるよう、個人で検査機関に放射能検査を依頼することにしました。その結果、「セシュウム等は検出されず」と16日に報告がありましたので、安心して食べることができます。
 米の品種はコシヒカリですが、今年は自宅用以外に約8俵程度は余裕を持たせ、保冷庫で保管してあるので、欲しい方にはお分けすることもできます。


刈り取り後と精米したコシヒカリ
IMGP1051.jpg    IMGP1055.jpg

ブルーベリー生食用は終了です。

 今年の生食用ブルーベリーは、9月10日の注文を最後にしました。残りは加工用として注文を受けるのと、自家製のジャム用に使います。
 今年は、ブルーベリー園として開園最初の年でもあり、おまけに放射能問題などもありいろいろな面で迷い悩みながらのスタートとなりました。幸いにも多くの知り合いや、お客様方に利用していただき大変感謝しております。そして、購入していただいた多くのお客様方からは、他のブルーベリーより実は大きく、とても甘いと嬉しい評価を頂きました。生産者としては、より美味しいブルーベリーを提供しようと、注文が入ると一粒一粒、完熟かどうかを見極めながら、そして大きな実を選びながら摘むことに心がけました。収穫に時間はかかりますが、果実を大事にして収穫できたと思います。また、無農薬で果物の畑を管理することの苦労を身をもって経験した年でもありました。草と虫の生命力や自然の不思議さに圧倒されながらも無農薬栽培を貫き通すことができたことは大きな喜びです。来年も、多くの皆様に、より安全で美味しいグルーベリーを食べていただけるよう、農園の世話に精をを出していきたいと思っています。


最後の生食用ブルーベリーとなりました。
IMGP1050.jpg

ラズベリーの枝(幹)の誘引作業

 二期成りラズベリーが熟し始め、少しずつですが収穫できています。ラズベリーは幹が細く、支柱をしないと倒れやすく、放っていると株が大きく広がってしまいます。そのため、約2m置きに杭を打ち3段に線を張り、その線に幹を固定する作業をしました。これでラズベリー達も風で揺すられないで、安心して実を熟すことができるでしょう。ところで、目立たない花びらのラズベリーを受粉させているのはアリたち。ハーブの花にはミツバチの他にもいろいろな小さなハチが働いています。そして、葉っぱをレースのように食べてしまうのはコガネムシ。小さな生き物たちも生きるために必死です。

熟し始めたラズベリーを支柱で誘引しました。
IMGP1046.jpg     IMGP1045.jpg   IMGP1043.jpg


収穫間近です。我が家の田んぼ

 今年も稲の収穫時期になりました。この田んぼの面積は9反歩(9000㎡)です。植えてある稲の品種は、コシヒカリです。春の植え付け時には、3月11日の地震や放射能問題のため今年の作付けはどうなってしまうのか大変心配しましたが、幸いにも田植えは1週間の遅れのみで実施できました。また、つくば市における玄米の放射能検査はまだですが、近隣市町村の放射能検査結果を見ると、つくば市も影響がなさそうだと期待しています。
 この黄金色に実った稲穂を眺めていると、放射能の影響のない美味しいお米を、是非皆さんに食べていただきたいと願ってしまいます。


田園が広がる中での我が家の稲たちです。
IMGP1037.jpg    IMGP1038.jpg

都内でのイベント用にブルーベリーが売れました。

 今日は、都内でのイベント用に当園のブルーベリー(5kg)を買っていただきました。知り合いの方が産地から直接、美味しくて、安心して食べられる野菜などを販売する事業(有限会社ハコボ)に取り組んでいます。特に今回の震災復興支援にも力を入れており、いろいろな復興支援イベントに参加して野菜や果物の販売をしていらっしゃるとのことです。
 今回は、味の素スタジアムで行う「オールトヨタ体感フェアー」の中で復興支援というブースでの販売だそうです。前回は、新宿御苑でのイベント用にブルーベリーを3kg購入していただきました。新宿御苑のイベントは、8月下旬の悪天候の2日間でしたが、完売したそうです。また、初日に買っていただいたお客様で、「とても美味しかった」と2日目にも買ってくださった方が複数いらっしゃったという結果を伺い、開園したての生産者としては大変嬉しく、来年の励みになりました。
 台風12号の影響が心配ですが、今回も完売できることを祈るばかりです。


今回購入していただいたブルーベリー(100gパック50個)と加工用2kg
IMGP1041.jpg
プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム