わが家の日本ミツバチ達も花粉を集め始めました。

 まだ梅は咲きませんが、ようやく暖かくなり始めました。日本ミツバチ達も巣箱から盛んに飛び出しています。巣箱の近くで見ていると、頭などにミツバチが体当たりし威嚇してきます。威嚇されながら観察していると、嬉しいことに盛んに花粉を運んでいます。無事に越冬できた模様なので、4月の分封が楽しみになります。
 しかし、3日間(三回)に渡り蜂蜜の給餌をしましたが、今日は蜂蜜が体に付いてしまったためか、かわいそうに30匹程度死んでしまいました。花はまだ見かけませんが、どこからか花粉を運んでいることから蜜も集めていると思われるので、給餌は止めることにしました。
 今年もミツバチ君達から蜂蜜を分けて頂けることでしょう。


写りは良くないですが、足に花粉を付けています。
IMGP1442.jpg    IMGP1444.jpg

はじめは一生懸命蜜を吸っていましたが、給餌の方法が悪かったのでしょう。羽や体に蜂蜜が付いてしまい、かわいそうに死んでしまいました。
IMGP1431.jpg    IMGP1445.jpg


北海道に流氷を見に行ってきました。

 北海道に2泊3日で流氷を見に行きました。流氷とSL、そしてタンチョウの3点セットです。2月17日の網走はマイナス11℃でしたが、とても穏やかな快晴で船のデッキに出てもそれほど寒くありませんでした。その日は流氷接岸初日とのことで、とてもラッキーな一日でした。船の後は、流氷ノロッコ号でホテルに向かいました。だるまストーブには石炭が燃やされ、いつでも海産物を焼いて食べることができます。雪景色を眺めながらゆったり過ごしました。
 2日目の18日は、SLにて釧路に移動です。釧路湿原を走るSLからは、タンチョウやエゾシカ、キタキツネ、オジロワシ等の他に多くのSLファン(撮り鉄)達がカメラを構えていました。私たち乗客もカメラを構えている人達も、お互いに北海道の冬を楽しんでいたということになります。
 3日目は、タンチョウを見に行きました。いくつかの撮影スポットがあり、そこには大きな望遠レンズを構えた写真家達がシャッターチャンスを待っていました。私の小さなデジカメでも青空をバックに、すばらしい写真が撮れていました。天候に恵まれ、さらにはいくつもの偶然によって、労せずして珍しい北海道の風物に出会うことができて楽しい旅になりました。


流氷がとてもきれいです。船のデッキにカモメが留まってくれました。船は、おーろら号とおーろら2号の二艘が同時に出ます。
IMGP1384.jpg    IMGP1391.jpg

流氷ノロッコ号も流氷の説明や、車窓から見える景色の車内案内がとてもすばらしかったです。
IMGP1396.jpg

ノロッコ号やSLには各車両にだるまストーブがあり、皆さん干物を焼いているので美味しい香りが車内に広がります。
IMGP1413.jpg    IMGP1416.jpg

ラッキーにもタンチョウが私の頭上を低空で飛んできました。夢中でデジカメのシャッターを押した1枚です。
IMGP1417.jpg

初めて日本ミツバチに給餌しました。

 毎日寒く、なかなか春らしくなりません。ミツバチ達もイライラしていることでしょう。寒くても日中は少し巣から出て飛び回る姿を見せますが、周りに何の花もありません。平年は梅の花が咲いている時期ですが、今年はまだ咲きそうにありません。これまで寒さをこらえて越冬してきたミツバチ達も、まだ蜜源がなくかわいそうなので、給餌してあげることにしました。
 日本ミツバチは野生のハチなので、給餌をせずに越冬させるつもりでしたが、この時期になっても花が咲かないので仕方ありません。給餌には、砂糖水が良いそうですが、西洋蜂蜜を少し薄めて巣箱の前に置いてみました。今日の気温は、摂氏7度の寒々とした日でしたが、寒さをこらえて蜜を吸いに来ています。
 日本ミツバチを捕獲して初めての越冬だというのに、今年は特に寒さが厳しい冬となり、ベリーズファーム園主共々試練の年度になりました。花咲爺さんに変身できればよいのですが、それも叶わないのでミツバチ達に「がんばれ」と声をかけながら見守っています。


カップ麺のなかに蜜を入れ、割り箸で足場を作りました。巣箱の中には入れられないので、巣箱の前に置いてあります。多くて30匹程度のハチ達が、入れ替わりながら蜜を吸いに来ていました。
IMGP1375.jpg     IMGP1372.jpg


ブルーベリーの寒肥が終わりました

 ブルーベリー畑の寒肥作業が終わりました。肥料は有機質肥料を中心に、油かす5袋、大豆かす3袋、魚粉3袋、鶏糞1袋、脱脂米ぬか2袋(各20㎏入れ)が主に使った肥料でした。本来は有効成分を計算し、適量を施すべきなのでしょうが、計算は面倒なので樹の成長具合に合わせて適当量を施肥したつもりです。植え付け後3~4年目の若木にはちょっと多めかなと思いながらの作業でしたが、昨年も同じような施肥の仕方で美味しい実が採れましたので、今年も大粒で甘い実ができると思います。

肥料は1本当たり、ヒシャクで2杯から1杯半程度の量を施しました。
IMGP1366.jpg
プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
検索フォーム