日本ミツバチの水飲み

 残暑の厳しい日が続き、ブログの更新も怠けてしまいました。
雨も降らず気温は摂氏30度以上の日が続いています。ミツバチ達も水を求めているようなので、水飲み場を数カ所作ってあげました。すると頻繁に、せわしなくミツバチ達は水を飲みに来るようになりまし。
 正確にはミツバチ達が水を集めに来ているということなのでしょうか。暑い夏には巣箱の中も暑くなるため、水を集め気化熱の作用で巣箱内を冷やすためと言われています。
 このように暑い日が続くと、ミツバチ達も花粉や花の蜜を集めながら水も集めなければならなくなり大変です。
秋には美味しい蜂蜜を分けていただくために、できるだけ水を集めやすくして協力します。


ミツバチ達が水を集めやすいように足場となるよう適当な石を置きました。忙しく水を集めに来ています。
IMGP2037.jpg  IMGP2039.jpg  IMGP2041.jpg


まだまだブルーベリーが採れてます。

 8月も下旬というのに酷暑の毎日。残暑の厳しい年です。つくばは雨も少なく、ブルーベリーの樹や人間も元気がなくなります。
 それでもブルーベリーは美味しい実をまだまだたくさん付けてくれています。雨が少ないためなのか、甘味も強いようです。
 ブルーベリーの季節も残り1ヶ月ありません。暑さに負けず収穫、灌水、草刈などに頑張ります。


今日収穫したブルーベリー。まだまだ大粒の実が収穫できています。
IMGP2024.jpg   IMGP2025.jpg

採蜜後は蜜蝋作り

 17日に日本ミツバチから約5kgの蜜を分けていただいたところですが、蜜を取った後の空巣より蜜蝋を作りました。
 蜜蝋は流しの排水ネットを利用していますが、細かな巣くずや巣のアクのようなものが混入し、きれいな蜜蝋を作るのは難しいものです。
 しかしながら、日本ミツバチは巣箱を用意してあげるだけで特別な難しい飼育の手間はかかりません。そして、時々美味しい蜜を提供してくれて(実は横取りです。)、とても可愛い働き者達です。


 なかなか純粋な蜜蝋にはなりません。希望の方には販売しますが、たぶん来年の待ち箱に使うことになるでしょう。
IMGP2023.jpg

日本ミツバチ採蜜しました。

 今日、同じ群から今年4回目の採蜜です。この群は去年も2回採蜜できたた強群で、分蜂後も引き続き強群のようです。
 採蜜は朝の9時前に終わりましたが、ハチ達にストレスを与えないよう作業を手早く終了しようと気が焦り、作業が終わると汗だくでした。
 蜜は色が濃いめ、糖度は79.1度でしたので発酵の心配もなさそうです。いつものように垂れ蜜で蜜を集めますが、「巣蜜を食べてみたい」というお客様がいるので、きれいな部分を約200gづつ2個切り取ってパックに詰めました。
 瓶詰めはまだなので何kgの蜜が取れるかわかりませんが、蜜を待っているお客様がたくさんいるので、すぐになくなることでしょう。


最上段の重箱を切り取った後の状態。次回はこの部分を切り取ります。
IMGP2009.jpg
今回採蜜のために切り取った重箱。蜜が一杯詰まっていてとても重いです。
IMGP2014.jpg
箱から巣板を切り取っています。きれいに蓋が掛けられています。
IMGP2015.jpg
いつものように垂れ蜜で、丁寧に蜜を取り出します。
IMGP2016.jpg
糖度を測ると、十分な数値でした。
IMGP2018.jpg
巣から蜜を取り出さず、巣に蜜が入った状態を希望するお客様のために巣蜜を2つ確保しました。
IMGP2019.jpg

お盆も休まず営業

 お盆が過ぎようとしている今日も残暑の厳しい1日です。昨日は1時間弱の雷雨があり、乾いた畑に恵みの雨でした。
 お盆なのに休まず注文に対応しています。この時期は手みやげとして利用される方が多いようです。コンパクトに収まる新鮮フルーツということでは丁度いい具合です。利用してくださる方に感謝です。
 畑のラビットアイ系ブルーベリーの収穫もまだまだ続きます。これから収穫する実は大粒から中粒になっていきますが、とても甘い実になっています。畑のラビットアイ系ブルーベリーは15品種ありますが、主力はノビリス、バルドウィン、ウイトウ、ラヒ、フクベリー、オクラッカニー、ディライト等です。
 特にオクラッカニーは実が鈴なり状態で、来年はもっと摘花を考えています。実の数を調整し、より大きな実を付けさせたいと思いながら収穫しています。


オクラッカニーが鈴なりです。来年は実も数を少なくなるよう摘花し、大粒が多く実るようにしたいものです。
IMGP2003.jpg   IMGP2005.jpg   IMGP2006.jpg



日本ミツバチ近々採蜜

4月に3回の分蜂をした元の巣が、順調に巣板を成長させ重箱4段まで満たしています。ミツバチを飼い始めてまだ2年目ですが、これまでこの1群から5回ほど蜜を分けていただいた元気なハチ達です。そして、その群からまた採蜜をしようとしています。
採蜜の判断は重箱4段が巣で満たされた時を採蜜時期としています。つまり巣の1/4を切り取ることにしています。
そして採蜜の実施はお盆明けの17日(大安)にする予定です。いつも美味しい蜜を提供してくれますが、今回はどんな蜜になるか楽しみです。また、日本ミツバチの蜜は大変人気があり、「今度は大瓶で」「巣蜜で欲しい」「蜜が取れたら是非連絡を」と予約がたくさん入っており、今回もすぐになくなってしまいそうです。


現在重箱5段の4段目まで巣で満たされています。
巣箱の全景(5段目の点検口を開けています。)
IMGP2001.jpg

5段目から息を吹きかけ巣を見ると、5段目まですが届いています。
IMGP2002.jpg

ラビットアイ系のブルーベリーが最盛期

 久しぶりの更新です。毎日暑く、そして慌ただしい日が続いたのでブログを怠けてしまいました。
8月に入りなぜかブルーベリーの注文が少なくなり、私達も小休止と言うところでしょうか。しかし、畑には大きく甘い実がたくさん熟しているので、つみ取りや地方発送の注文などのお客様を待っているところです。
 今度の土日は雨模様。土日のレジャーを計画している方にはじゃまな雨でしょうが、農家にとっては作物のために恵みの雨になります。ベリー畑も大変乾燥しているので雨が欲しいところです。
 そして今日からまたまた草刈です。年間管理作業の中で草刈作業の占める割合はとても高いと、つくづく思うこの頃です。今日から草刈の日が数日続きます。


畑にはラビットアイ系のブルーベリーが15種類ありますが、その中でもこの5品種は比較的大粒になるので人気の高い品種です。他にもとても甘い品種がたくさん実を付けています。
左から、ノビリス、バルドウィン、ウィトウ、ラヒ、オクラッカニー
IMGP1977.jpg  IMGP1978.jpg  IMGP1996.jpg  IMGP1998.jpg  IMGP1999.jpg





プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム