東北被災地を訪ねました。

 畑の草刈を休み、2泊3日で友人3人と東北の被災地を訪ねてきました。できるだけ多くの被災地を巡りたいと思いましたが時間がなく、気仙沼、南三陸、陸前高田、松島そして最後に仙台空港です。津波の被害状況はテレビや雑誌で見ていましたが、現地に行き、改めて津波の恐ろしさを認識させられました。
 現地の方々にお話を伺いながら巡ることができましたので、大変貴重な体験となりました。
 また、今回被災地巡りに当たり、同行の1人が自宅に眠っていた未使用の茶器類を支援物資として車に積み込みました。災害から1年半以上過ぎた今、今更茶器類の支援物資なんて迷惑ではないか、食器類は足りていると言われるのではないかと思いながら現地に向かいました。そして現地に到着後、ある役所を訪ねて、持参した支援物資の話をしたのですが、返答がはっきりしませんでした。そこで、自力で主要道路の脇にあった仮設住宅を訪ね、持参した支援物資のお話をすると、その場所にはあまり支援物資がまわってこないとのこと。茶器類はすべて受け取っていただくことができました。こんな状況ならばもっとたくさん車に積んで来るべきだったと、みんなで反省した次第です。遠方で想像している以上に、現実はまだまだ日常の生活用品も不足しているようでした。


気仙沼です。テレビでよく見た船です。約300t、約60m、海から800mの陸地まで運ばれた。こんな大きな船が!そして船の下にはつぶれた乗用車が1台・・・。
IMGP2130.jpg

陸前高田。5階建てのアパートの4階までが津波で破壊されています。
IMGP2133.jpg

高校や市役所のある中心市街地が野原のようです。そしてがれきの仕分け作業場。
IMGP2134.jpg

陸前高田の市役所が当時の様子を残しています。
IMGP2137.jpg

南三陸町の最後まで避難を呼びかけた防災センター。手を合わせて祈る人が絶えず訪れていました。私も心からご冥福を祈りました。
IMGP2144.jpg

仮説の地元商店街で美味しい海鮮丼の昼食を食べました。
IMGP2149.jpg

 

のんびり草刈

 今日は夜の雨も上がり爽やかな秋晴れ、とても気持ちの良い日となりました。仕事も気持ちよいですが、午前中のみの草刈です。全体の1/5が終わったところでしょうか。毎日半日程度の作業なのではかどりません。しかも、明日から2件の旅行が入っています。のんびり進めます。
 刈り取った草は、搬出しないでそのままにするときもありますが、今回は量が多いので搬出することにします。


草が繁茂しすぎです。刈り取った草の処分も大変になるでしょう。
IMGP2114.jpg   IMGP2115.jpg

IMGP2116.jpg   IMGP2117.jpg

  

ブルーベリー畑の草刈開始

 今日からブルーベリー畑の草刈です。今日のところは午前中3時間、午後2時間の作業で終了。冬の管理作業は草刈の次にブルーベリーの枯れたところに苗の補植、剪定、冬肥、樹木チップの搬入と続きますが、次の作業まで時間はたっぷりあるので、のんびりと草刈作業を行うつもりです。

とりあえず今日は5時間で作業終了。
IMGP2110.jpg  IMGP2112.jpg

IMGP2111.jpg  IMGP2113.jpg



ブラックベリーの剪定終了

 今日も昨日に引き続きブラックベリーの剪定です。残っていたブラックベリーはトゲのない40株、品種名ウォシュタ、アパッチ、ナバホなので作業が早く進み完了。大変すっきりしました。
 明日からは草刈を再開します。こんどはブルーベリー畑の草刈です。草を大分繁茂させてしまい手間がかかりそうです。1週間位の作業ですが、間に雑用で作業のできない日が何日かあるので、2週間位で終わるでしょう。


最後の20株の畝です。アパッチとナバホが10株ずつの畝です。
IMGP2104.jpg   IMGP2107.jpg

角度を変えて。
IMGP2105.jpg   IMGP2109.jpg

ブラックベリーの剪定

 ブラックベリー・ラズベリー畑の草刈が終了したので、ブルーベリー畑の草刈に移る予定でしたが、同じ作業は飽きるので、間にブラックベリーの剪定をすることにしました。そこで今日はブラックベリーの品種名カイオワから剪定です。このカイオワ、鋭いトゲが幹の他に葉の裏側にまであります。厚い革手袋で作業しますが、足や腕が時々幹に触れるとちくりとトゲに刺さります。
 そのためトゲに注意をしながらの作業なので時間がかかりますが、夕方までに何とかカイオワ20株すべて終わることができました。残りの40株はトゲのない品種なので作業が楽になります。


この一列がトゲのあるカイオワ。大きな実なの好まれますが、管理作業は大変です。
剪定は、今年実った幹は枯れるので、根元から切り取ります。その他の幹や枝は思い切って切り詰めます。
IMGP2101.jpg    IMGP2102.jpg

今日から草刈開始

 暑かった夏も終わり秋風が爽やかになりました。そしてあと3ヶ月で正月、この1年過ぎるのがとても早く感じます。
今年も草刈を何回行ったでしょう。今シーズン最後の草刈にしたいと思いながら、今日から刈り払い機をうならせています。
 最初にブラックベリー・ラズベリー畑、そしてブルーベリー畑。この草刈作業、10日間位で終わるでしょうか。
 草刈の次には、各ベリーの剪定と続きます。


この刈り払い機、もう10年以上働いていますが、今年も頑張っています。
IMGP2097.jpg

今日も採蜜

 今日も他の1群から重箱1段採蜜しました。今回の蜜はとても濃く、いつものように垂れ蜜で蜜を落としますが、時間がかかりそうです。既に落ちた3kgは瓶詰めしましたが、後の分はじっくり落ちるのを待つとします。
 これで6群のうち3群から蜜を頂きました。他の群は巣の成長も遅く、これからセイタカアワダチソウの花も咲くので、来春に採蜜をすることにします。


今回切り取った蜜の様子。とても綺麗に見えます。早速垂れ蜜にて蜜を取り出しますが、今回の蜜はとても濃く粘りがあります。落ちた蜜の糖度を測ると、81.8度ありました。
IMGP2087.jpg  IMGP2093.jpg  IMGP2090.jpg

巣から蜜を取り出さずに、巣蜜を好む方がいるので、綺麗なところを切り取りパック詰めです。
IMGP2092.jpg

巣屑の混じらない綺麗な蜜蝋ができました。これは前回採蜜時に作りました。
IMGP2095.jpg

美味しい蜂蜜、採蜜です。

 セイタカアワダチソウの開花前に採蜜しようと、9月27、30日に1群ずつ重箱巣それぞれ1段ずつ蜜をもらいました。
 取れた蜜は、それぞれ4.7kg糖度80.9度、5.5kg糖度83.1度でしたので、発酵する心配もありません。
 他にもう1群採蜜できそうなので、近々蜜を分けてもらう予定です。
 蜜は数種類の瓶詰めができたので、「ジャムと日本ミツバチの蜂蜜」詰め合わせをお歳暮用に利用できそうです。


切り離した重箱の巣。上側と下側からの写真。下側を見ると綺麗な巣に蜜があるところがあります。綺麗なところの蜜は絞らず、そのまま巣蜜とします。糖度も78.0度以上で十分です。
IMGP2058.jpg  IMGP2059.jpg  IMGP2063.jpg

2日目は、今年の4月に捕獲した新たな巣箱からです。巣箱の天板を外すと蜜が一杯に詰まっていました。蜜は垂れ蜜にて取り出しますが、途中で糖度を測るとなんと83.1度もありびっくりです。
IMGP2069.jpg  IMGP2078.jpg

垂れ蜜で取り出した蜜は約10kg、それぞれの瓶に詰めラベルを貼ります。ラベルは、今回から書家に書いていただいた文字を使うことにしました。
IMGP2083.jpg



プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム