分蜂の終息と採蜜

 どうやら我が家のミツバチ達の分蜂は終わったようです。現在までの分蜂数は6群で21分蜂。そして幸いにもすべて捕獲することができました。
 あまり分蜂するので分蜂を止めようと採蜜してみましたが、採蜜後も2回分蜂するなど採蜜では分蜂の抑制はできないようです。そのようなわけで分蜂中から採蜜を進めており、今日最後の群から蜜を取りました。分蜂に伴い、少なくなったミツバチ達に巣板の管理が良くできるよう、採蜜を兼ねて最上段の巣板を1段切り取り、巣を小さくしてあげた方が良いそうです。


天板を外したところ。この群は3回目の分蜂が4/16で分蜂終了していたので、蜜はたくさん詰まっているようです。
IMGP2446.jpg

1段切り取った後の2段目の様子。花粉が多少見えますが、育児室は見えません。
IMGP2447.jpg

垂れ蜜で蜜を取り出しますが、作業をしていても粘りが強く、糖度は充分に高いようです。
IMGP2448.jpg

採蜜とフソ病検査

 分蜂シーズンなのに今日も採蜜です。今日の採蜜巣箱は確か4/14に1回分蜂をした群です。これから2回、3回とありそうなので、その前に蜜を奪い分蜂を抑えるつもりですが、さてどうなることか。
 切り取った巣は早速垂れ蜜にしますが、分蜂に使っているためか貯蜜量は少なくなっています。
そして本日は、県と市役所より「蜜蜂フソ病検査」に来られました。6群すべて重箱式なので観察窓から覗いての検査になり、幼虫などは確認できずの検査となりました。


今日採蜜する巣箱です。採蜜のため最上段を1段外し、新たな重箱を下に入れてあげます。
IMGP2440.jpg

天板を外したところ。
IMGP2441.jpg

上から2段目の蜜の様子。2段目の方がたくさん蜜が入っていそうです。
IMGP2442.jpg

フソ病検査の様子。巣箱の観察窓から巣板の状況が見られます。
IMGP2443.jpg

分蜂盛りなのに採蜜です。

 今日までに6群から15回分蜂が起きています。もう分蜂はやめて欲しいので、採蜜を始めました。とりあえず本日2群から、明日も採蜜します。分蜂は腹一杯に蜜を満たし飛び出すとのこと、蜜が少なければ分蜂しないのではないかと、浅はかな考えからの採蜜です。
 そして今日は不思議な分蜂がありました。まず1群から分蜂し、集合板に蜂球を作りました。つぎに隣の巣箱から遅れて分蜂し、既に蜂球を作っていた同じ集合板に集まり始め、なんと合体してしまったのです。たぶん後からの分蜂群には女王蜂がいなかったのでしょう。とても不思議な分蜂でした。


既に5回分蜂のあった箱からの採蜜。
天板を外したところ。蜜は少なめです。
IMGP2428.jpg

2段目の蜜の様子。やはり蜜は少なめです。
IMGP2429.jpg

こちらは未だ1回のみの分蜂なので蜜がたくさん入っていました。
天板を外したところ。
IMGP2434.jpg

2段目の様子。蜜があふれています。
IMGP2435.jpg

2つの分蜂群が合体した蜂球です。おかしなことが起きるものです。
IMGP2439.jpg

今日も3群の分蜂

 今日は3分蜂でしたが、1群は元の巣に戻りました。高い位置に蜂球を作り、取り込みに手こずっていると全体が慌ただしく舞い始め、見ていると元の巣箱に入ってしまいました。一度巣から飛び出し蜂球を形成したにもかかわらず、また元の巣に戻ることもあるのですね。
 今日2群捕獲し13群捕獲したことになります。特にD群は既に5回分蜂しており、蜂の数が少なくなり消滅しないか心配になります。このD群は明日上部の巣を切り取り、下に継ぎ箱をし巣箱にスペースを作り、分蜂を止められないか試みます。分蜂阻止に王台撤去が良いのでしょうが、初心者の私には出来ない作業なので、分蜂用の貯蜜を少なくしてみます。
 もう十分に捕獲したので、分蜂を抑えたいと贅沢な悩みですが、これからもまだまだ分蜂しそうです。


本日最初の分蜂群は元の巣に戻り、写真は2群目の分蜂捕獲写真です。この捕獲群は新しい蜂場に持っていきました。ざる付きネットで捕獲し、ざるに出来た蜂球を巣箱に落として収容完了です。
IMGP2420.jpg   IMGP2421.jpg

3群目は、新しい蜂場から戻ると蜂球が出来ていましたので、蜂愛好家に譲りました。(蜂球は紅葉の枝に出来ています。)
IMGP2425.jpg

新しい蜂場も賑やかになってきています。
IMGP2422.jpg   IMGP2423.jpg

今日は2群の分蜂でした。

 分蜂最盛期のようです。
今日の2群はいずれも2回目の分蜂群で、初回も4/9に同時に分蜂している群です。
今日の2群は、私よりも永く蜂を飼っている方に譲りました。丁度日本ミツバチが消滅し、1群もいなかったとのことで大変喜ばれました。
 これで今年は分蜂群を9群捕獲処理したのでもう十分なのですが、これからも分蜂は続きそうなので自然に返してあげるか悩んでいます。


今年9個目の蜂球です。トタン屋根に集合し始めました。とても狭い板に集まっています。
IMGP2413.jpg

IMGP2416.jpg

連続分蜂で疲れました。

 今日は暖かな日になったためか、我が家のミツバチも3群分蜂がありました。
2群は初分蜂。1群は今年3回目の分蜂で、しかも2回目が昨日あったばかりです。
3群のうち2群は、今年から日本ミツバチの飼育を始めたい2人に届け、残りの1群は新たな蜂場(親戚)に設置しました。そのようなわけで1日中ミツバチ達の対応に追われ、大変疲れました。
 ことしは既に7分蜂すべて捕獲し、これからも数回分蜂がありそうです。空の巣箱も残り2箱なのでこれからの分蜂群で収容しきれないミツバチ達は自然に返そうかとも思っています。


今日の3分蜂群です。
IMGP2412.jpg
 
IMGP2410.jpg

IMGP2409.jpg

早くも草刈です。

 ブルーベリーも徐々に花が咲き始めました。今年も甘く大きな実がたくさん収穫でき、お客様方に喜んでいただけることを願いながら草刈です。桜が早く咲くほど暖かい日が続いたため、去年より草の伸びも良く、今年最初の草刈となりました。

花が咲き始めました。遅霜の被害がないといいですが。
この畑では、ミレニアが一番早いようです。
IMGP2402.jpg

パトリオットも早生系なので早めに花が開きます。
IMGP2404.jpg

ブリジッタも早いようです。
IMGP2403.jpg

あまりにも草が繁茂したので、今日から草刈開始です。
IMGP2405.jpg
IMGP2408.jpg

2群が分蜂しました。

 今日は新に2群が分蜂。午前11時頃と午後2時頃の分蜂で、これで3群捕獲です。これから分蜂予定群が他に3群あり、それぞれ2回3回と分蜂する可能性もあるので、最終的にどれくらい分蜂するか楽しみです。そして、この時期は家を空けにくくなります。

午前10時45分頃、活きよい良く蜂が舞い始めました。
IMGP2394.jpg

お行儀良く竹の集合板に集まります。
IMGP2398.jpg

分蜂群を見送った残りのハチ達。
IMGP2397.jpg

午後になると別群も慌ただしくなり、分蜂の開始です。丸印の竹集合板に集まるか見ていました。
IMGP2399.jpg

しかし蜂球は、巣箱の3m前にあった梅の根元に集合でした。
IMGP2401.jpg



早くもつくばで分蜂です。

つくばで早くも分蜂です。
今年の分蜂、第1号は予想より遙かに早く起きました。(去年は4/12です。)
雄蜂の巣蓋が外に出されていたのは確認済みでしたが、雄蜂は未確認なのでまだ分蜂は先と思っていました。
ところが10時30分頃、外出から戻り巣箱をみると様子がおかしい。巣門に蜂が固まっている。ふと3日前にセットしたばかりの誘導板を見ると蜂球があります。驚きました。
今日の分蜂群には雄蜂がいません。雄蜂不在の分蜂のようですが、旧女王蜂なので雄蜂は不要ということでしょう。誘導板も気に入ってくれたようです。
雨が2日続いたあと穏やかに晴れたので、分蜂はこんな日と思っていましたが、予想外におきました。
捕獲した分蜂群はざる付きネットに納め、夕方まで日陰に下げておきます。こうすると巣箱に収めてからの逃去が起きないようです。


ハナミズキに付けた杉皮の誘導板を選んだようです。
IMGP2387.jpg

このハナミズキには、杉皮と竹の誘導板を4/1に付けたばかり。
IMGP2383.jpg

直接箱には入れず、いったんざる付きネットに納め、探索蜂と接触できないよう夕方まで日陰に下げておきます。
IMGP2388.jpg

しかし、夕方まで待てず3時30分に納めてしまいました。
IMGP2389.jpg

静かになって捕獲完了。
IMGP2391.jpg

分蜂時の誘導板を設置しました。

 今日から4月、分蜂の月に入りました。
 昨日は日本ミツバチ愛好家の集まり、「ニホンミツバチ保存会」の勉強会に参加してきました。この保存会の会員は約30名、皆さん楽しく情報交換をされています。その情報交換の中で、鹿島地区では先日、早くも分蜂があったとのこと、分蜂群捕獲の準備ができていなかったので大変あわてたそうです。
 やはり今年は早めに分蜂が起きそうです。我が家でも急いで分蜂時の蜂球誘導板を3カ所に設置し、分蜂が起きるのを楽しみに待つとします。


昨日のニホンミツバチ保存会のようす。
IMGP2380.jpg

庭に2箱ずつ3箇所に分けて巣箱があるため、誘導板も3カ所に設置です。
誘導板は、竹材と杉皮を作ってみました。
IMGP2381.jpg   IMGP2382.jpg   IMGP2383.jpg

まだ王台の確認はしていませんが、各巣箱からは雄蜂の巣蓋が出されています。
IMGP2385.jpg
プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム