ブルーベリーにカイガラムシ

 新しいカイガラムシの幼虫がブルーベリーの葉にたくさん発生しました。カイガラムシは成虫になると移動しないようですが,現在葉についている小さな幼虫はこれから木の幹,枝に移動しそうなので駆除しなければなりません。
無農薬栽培のため葉をむしり取るか,枝ごと切り落とし焼却処分します。なぜか新しいカイガラムシの幼虫は枝よりも葉に多くついているので,今なら発見しやすく駆除が楽にできそうです。


ハイブッシュの「コビル」の葉にたくさん発生しています。まだ幼虫のようなので,幹に移動する心配があり駆除します。他の樹も注意深く観察が必要です。
あまりにも多く付いているので,この部分は枝ごと切除します。
IMGP2654.jpg
IMGP2656.jpg

今年の接ぎ木苗

 畑の土がブルーベリーの生育にあまり適していないようなので、ハイブッシュ系の補植用苗は接ぎ木苗を使うようにしています。ラビットアイ系を台木としたハイブッシュは生育が旺盛で果実も大きめになるようです。
 そして、今年の3月に接ぎ木した苗は成績がよく大きく成長しています。接ぎ木の成功率は約80%というところでしょうか。接ぎ木苗の中心は、大きな実を付け美味しく人気のある「スパルタン」と「チャンドラー」です。この2品種を中心に今後は切り替えていこうとも考えています。
 接ぎ木苗は畑に定植後、根元からどうしても台木のラビットアイのシュートが活きよいよく出てきます。台木から出たシュートは切除しますが、元気のよいシュートは切り取らず、親木の穂を再度高接ぎに利用しています。
 今後は、接ぎ木苗を増やし、美味しい大きな実をたくさん収穫できるようになるでしょう。


今年の接ぎ木苗の生育状況です。秋に定植します。
IMGP2641.jpg

角度を変えてもう一枚。元気に新芽が出て、三次成長中です。
IMGP2642.jpg

去年植えた「ブルークロップ」の接ぎ木苗。根元から台木のシュートが出たので来春に親木の穂を再度高接ぎします。
IMGP2644.jpg

こちらの接ぎ木「チャンドラー」は今年の春に高接ぎしましたが、再度シュートが出たので来春に高接ぎを行います。白矢印が台木のシュート。オレンジ矢印が今年の春に高接ぎした枝。
IMGP2645.jpg

拡大してみました。オレンジの矢印のように、来春白矢印にチャンドラーの枝を接ぎ木します。
IMGP2646.jpg

ミツバチも給水に忙しい。

 毎日猛暑が続きます。ミツバチ達もこの暑さにはつらいことでしょう。
ミツバチ達は巣箱の中の温度を下げるために、水を運び入れその気化熱で冷やすのだそうです。
そのためここのところ盛んにミツバチ達が給水に現れます。巣箱の近くに適当な水場を用意しています。
暑さで巣が柔らかくなり、自重に耐えられずちぎれて落ちる巣落ちが心配です。すでに2群が巣落ちしています。
早く平年並みの気温になってと日々思う毎日です。たぶんミツバチ達も同じ気持ちでしょう。


水草の入った古い風呂桶。雨が降らないので表面にアオコが見えます。(クリックで拡大)
IMGP2638.jpg

ブルーベリーの挿し木床。挿し木床のピートモスから水を吸い取っています。
IMGP2636.jpg

給水できるように用意した水場。ピートモスの固まりを足場にしています。
IMGP2635.jpg

ゴキブリの写真(嫌いな人は見ないでね)

 ミツバチの巣箱の屋根の部分、日よけ用の波板と巣箱の間によくゴキブリが住み着きます。
先日巣箱を見に行くと、見たことのない異様なものが巣箱の外側にくっついています。近づき見るとどうやらゴキブリの脱皮のようです。初めて見る脱皮を写真に撮ろうと急いでカメラを取りに行き、カメラに納めました。
 ところがゴキブリは脱皮せず、成虫への羽化ということがわかりました。蝉が羽化するように、ゴキブリも同じように羽化し、羽の生えた成虫になるという過程を直に見られたことは貴重な経験でした。
 ゴキブリは黒く汚らしく嫌われ者ですが、写真ではとても色白のきれいなゴキブリです。
<添付の写真をクリックすると大きくなるので、嫌いな人は写真をクリックしないでください。そしてこのゴキブリは、その後どうなったかは想像にお任せします。>


日本ミツバチG群の巣箱で羽化するゴキブリ。やはり気持ち悪いです。
IMGP2625.jpg

8月に入りラビットアイ系が最盛期

 今年は遅霜の被害に遭い品種によってはほとんど実をつけない樹もあるなか、8月に入りラビットアイ系の晩成種が最盛期になりました。特に「バルドウィン」「ウィトウ」「ラヒ」は比較的大きな実をつけています。
 異常気象の影響か例年より熟すのが早いような気がします。そのため、例年9月中旬まで収穫できていましたが、今年は早く終わる気配です。


畑で主力となっている晩成種のラビットアイ
「オクラッカニー」
IMGP2633.jpg

「ウィトウ」
IMGP2632.jpg

「バルドウィン」
IMGP2630.jpg

「ノビリス」
IMGP2631.jpg
プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム