天候不順でブルーベリーが甘くなりません。

 毎日雨と曇りの日が続きます。週間天気予報を見るとこれから一週間はやはり曇りが続きます。
気温も上がらないので、ブルーベリー実が甘くなりません。熟し始めは天候も良かったので甘い実がたくさん収穫できましたが、この天候になってから成熟が進みません。そして、完熟果も雨が多いので甘さが足りません。
 これでは、お客様に美味しいブルーベリーを提供できないので、しばらくの間収穫を調整しなければならないような状況です。
 早く暑い晴れの日が続くように祈りたい気持ちです。


天候のおかげで熟すスピードが鈍っています。
IMGP3230.jpg

3群継ぎ箱。

 毎日変な天気。突然の雨と雷でブルーベリー畑の草刈りが進みません。邪魔なゲリラ豪雨です。
雨の合間に日本ミツバチの巣箱を3群継ぎ箱しました。
継ぎ箱は今年新たに捕獲した新群で、二回目の継ぎ箱です。元気な群は上から3段目まで蜂で一杯になっているので4段目が必要になります。
 そして、この元気な巣箱の前にイワダレ草が満開に可憐な花を付けていますが、なぜか蜜を吸いに来ているのは西洋ミツバチのみで日本ミツバチの姿がありません。日本ミツバチ好みの蜜源が他にあるのでしょう。


5月に一回目の継ぎ箱をしています。
IMGP3226.jpg

上から3段目の観察窓を開けると蜂で一杯。
IMGP3227.jpg

二回目の継ぎ箱をしたので、だいぶ背が高くなりました。
IMGP3228.jpg

巣箱のすぐ前にイワダレ草が咲いていますが、日本ミツバチにはあまり好まないのか、西洋ミツバチのみたくさん来ています。
IMGP3225.jpg

チャンドラーが熟し始めました。

 ブルーベリーの収穫も本格的になり、忙しくなってきました。当園では、始めにスパルタンが熟し、トロ、ブルークロップと続き、そして今日は最大級の実を付けるチャンドラーが少し収穫できました。チャンドラーは味も良く、大きな実が採れますが、500円硬貨大の実は一部です。
 園内に居たハクビシンはその後見かけなく、ブルーベリーを食べている様子もないので、とりあえずほっとしているところです。


収穫の中にチャンドラーの実が混じってたので100円と500円硬貨を添えてみました。
IMGP3218.jpg

ブルーベリー防鳥ネットの中に害獣です。

 今日はブルーベリーの注文がたくさん入っているので、8kg摘もうと朝早く張り切って畑に行きました。
そして最初にする仕事は、コガネムシとカブトムシが防鳥ネットに付いているので捕獲します。ところがその捕獲作業をしているととんでもない動物「ハクビシン」がいるではないですか。
余った防風ネットを束ねその上に一輪車をかぶせて置きましたが、そのかぶせた一輪車に潜り込み睡眠中なのか尾っぽを出しているではないですか。
突然のことで捕獲する道具もなく、一輪車をたたき驚かしたところ急いで園内のどこかに逃げましたが、園内にいても困るので探しても見つかりません。そしてよく見ると、ハクビシンの糞が2カ所にあります。ということは複数日園内に居たことになるので、このままでは美味しいブルーベリーが食べられ大きな損害です。対策を考えなければなりません。まずは月曜まで待って、役所にある貸し出し用の捕獲オリが出払っていないか問い合わせすることにします。


今日の注文品の一部。
IMGP3216.jpg

一輪車から出ているこの尾っぽ。驚きと併せて目を疑いましたが「ハクビシン」です。こいつが来るようになると厄介です。
姿を写真に納める余裕はありませんでした。
どこから進入したのか? 5cm程度の隙間があると進入できるので、何処に出入り口があるのかな~。
IMGP3213.jpg

アナフィラキシーショック対策

 ミツバチに刺され蜂毒アレルギーによりアナフィラキシーショック症状が現れることがあるので、用心のため「エピペン」を処方してもらい携帯することにしました。
エピペンは蜂に刺され、体調に異常を感じたとき(アナフィラキシー症状が現れたとき)すぐに救急車を呼ぶのですが、その間補助的に処置する自己注射です。たぶん使うことはないと思いますが、安心のため手元に置こうと買ってみました。
医療機関で処方してもらう際に蜂アレルギー検査を行ったところ、ミツバチのみ陽性という結果。しかも6段階で3という数値。ミツバチの飼育を趣味にする者にとって、この数値高いのか低いのか悩みます。いずれにしても、これからもミツバチには刺されることでしょうから、エピペンを携帯することにします。
 

蜂アレルギー検査結果とエピペン(練習用と本体)・・・クリックで拡大
IMGP3212.jpg

ブラックベリーが熟し始めます。

 畑には4種類のブラックベリーが植えてあり、その内の1種類が色付き始めました。この品種は鋭いトゲが特徴で扱いづらい品種ですが、実が大きく風味も一番のようです。
 我が家の畑では、ブルーベリー、ラズベリー、ボイセンベリーが収穫できていますが、新たにブラックベリーの収穫作業が始まり慌ただしくなりそうです。
 そして、このブログを書いたあと午後三時頃から今期三回目の草刈りを始めます。今のところ草刈りは月に1回のペースで行っています。


色づき始めたブラックベリー「カイオワ」。
IMGP3202.jpg

ボイセンベリーは収穫中です。
IMGP3207.jpg

探していた品種がありました。

 大型ホームセンターに行ったついでにオリーブのコーナーを見ると、なんと「ハーディスマンモス」が一鉢あるではないですか。この品種は、大きな実を付け、渋みが少なく塩漬けに適している人気品種で、入手困難なのです。
 以前ホームセンターでブルーベリーの品種「スパルタン」を買いましたが、実を付けてみるとスパルタンではありませんでした。このように専門店とは違い品種に誤りが時々あるのは仕方がないことでしょう。
 そこでこのオリーブ買うべきか悩みましたが、探していた品種なので「ハーディスマンモス」であることを信じ購入しました。1年間は鉢植えで養生し、来春畑に植えることにします。


購入した「ハーディスマンモス」
IMGP3196.jpg

このラベルが間違っていないよう祈ります。
IMGP3197.jpg

今期最初の来園者

 今年最初の来園者が摘み取りに来てくれました。このお客様はジャムを作るために、毎年ラズベリーを中心にブルーベリーも摘んで行かれます。車で1時間以上かけて県外から来て下さるので大切なお客様です。

一人で県外から毎年摘みに来て下さいます。
ラスベリー畑
IMGP3194.jpg

ブルーベリー畑
IMGP3195.jpg

ブルーベリーの初売りです。

 熟し始めなのでまだ多くは収穫できませんが、注文を受けていた方のブルーベリーを販売用として今朝初めて摘み取りました。未熟果が入らないよう慎重に摘み取ります。酸味の強いブルーベリーより完熟の甘い実を食べて頂き、喜んで下さるとこちらも嬉しくなります。
今日の500g3パックをスタートに忙しい毎日が続くことになります。


500g入り3パックが今年の初販売です。
ブルーベリーのパックに赤と黄色のラズベリーを入れてみました。小さなパックはサービス。
IMGP3191.jpg

ブルーベリーの枝を支柱で補強。

 特にラビットアイ系ブルーベリーの枝が、実の肥大とともに、また雨に打たれたためうなだれ始めています。そのままにしておくと、果実が地面に付いてしまい良い果実になりません。また樹形も乱れてしまうので、支柱で誘引し樹形を整えました。
 まだまだ果実は肥大するので、これからも支柱での誘引は必要になることでしょう。
作業をしていると熟した実の中に大きな実があったので、10円硬貨の上に載せたところ、硬貨が隠れてしまいました。熟し始めの1番果は大きな実になるようですが、2番果・3番果とも同じように大きな実を付けてくれると嬉しいのですが徐々に小さくなっていくようです。


バルドウインとウイトウが特にうなだれています。
IMGP3185.jpg

支柱で枝を誘引してみました。
IMGP3188.jpg

ウイトウを大きく撮ってみました。
枝が大分垂れています。
IMGP3186.jpg

支柱で起こしたところ。
IMGP3187.jpg

作業をしながら完熟実を採ってみました。
10円硬貨が隠れる程の実はエチョータです。
IMGP3189.jpg
プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム