10月末の採蜜

 今日の採蜜は、自宅から車で約1時間のところにある親戚の畑です。今年の春に現地にて捕獲した自然入居群です。周りにはセイタカアワダチソウが咲いているところですが、蜜も巣箱自体も独特ないやな臭いがしないので助かりました。
 朝晩寒くなってきたので、蜜の粘りが強くなり垂れ蜜で垂らすのに時間が掛かりそうです。できれば9月中までに採蜜は終わらすのが良いみたいですね。気温が上がるように大きなビニールの袋に入れ、日当たりの良いところで蜜を垂らします。
 採蜜をするたび、あの小さなミツバチ達がこんなにたくさんの蜂蜜を作ることに感心します。


今回の採蜜する巣箱。
IMGP3453.jpg

一番上の天板を外しました。とてもきれいな巣に美味しそうな蜜がいっぱいに詰まっています。
IMGP3454.jpg

自宅に持ち帰り、日当たりの良いところで垂らします。
IMGP3456.jpg

たった3個のオリーブの実。

 現在畑には、2m以上が3本、背丈程度が5本、計8本のオリーブが植えてあります。ですが今年実を付けた木が3本で、しかもそれぞれ1個ずつです。花は咲きましたがなかなか結実しないものですね。来年に期待します。
 実を付けた品種に「カラマタ」があり、1個ですがさすがに大きめの実が採れました。こんな実がたくさん採れるようになると嬉しいですね。
 3個を収穫し写真に撮ってみました。


畑のオリーブ。
IMGP3410.jpg

実を並べて写真に。左からミッション、シプレシーノ、カラマタ。
IMGP3413.jpg

ラズベリーの秋果が終わりません。

 例年になく今年はラズベリーの秋果がよく採れています。今採れている二期なりの品種は、「インディアンサマー」「サマーフィステバル」「ゴールデンイエロー」の3品種です。
 少しずつですがこれからも収穫が続きそうなので冷凍果で販売できるよう冷凍保存しています。


まだ幼果がたくさん付いているので、次々に熟してきそうです。
IMGP3401.jpg

ゴールデンイエローも美味しい果実です。
IMGP3403.jpg

よく食べている焼きそばパックに収穫してみました。
IMGP3407.jpg

草刈り作業は今日で終了。

 ブルーベリー畑の草刈りがほぼ終わり、次にブラックベリー・ラズベリー畑の草刈りに移り、今日やっと終わりました。今年は草刈りを6回、いや7回はやっているでしょう。農薬や除草剤を使わない方針なので大変です。
草は霜が降りるまで伸びますが、たぶん来春まで草刈りは休むことができるでしょう。


草刈りが今日で終わりました。
ラズベリーとブラックベリーの畑です。
IMGP3396.jpg

左がラズベリー、右がブラックベリーの畝です。ブラックベリーは剪定しましたが、ラズベリーは秋果がまだ収穫できているので剪定できなのです。
IMGP3397.jpg

今、垂れ蜜で垂らしてます。

 セイタカアワダチソウの花が咲き誇っているのに、この秋3群目の採蜜をしました。この花が咲くと蜜が臭くなるので採蜜は行わない予定でしたが、ミツバチの巣板が上から3段半まで伸びたのと巣箱からいやな臭いがしないので採蜜をすることにしました。
 早速、垂れ蜜方式で蜜を垂らしています。前2回の採蜜は9月中、蜜もさらりとして落ちやすかったのに今回は寒さも増したためか、粘りが強く垂らすのに時間が掛かりそうです。
 実は今月末にもう1群採蜜を予定しています。セイタカアワダチソウの臭いが蜜に移っていないと良いのですが楽しみです。


採蜜する今回の巣箱。写真を取り忘れ、一番上の蓋と天板を外したところ。上から3段半まで巣板が来ています。
IMGP3388.jpg

天板を外したところ。きれいな蜜がたっぷり詰まっています。
IMGP3389.jpg

上の1段を切り取り、残った2段目。2段目にも蜜がたっぷりと詰まっています。2段目は切り取りません。この蜜はミツバチ達の越冬用の餌になります。
IMGP3390.jpg

垂れ蜜開始です。美味しそうな蜜が垂れ始めました。終わるまで何日かかるかな。
IMGP3393.jpg

ラズベリーの秋果が順調です。

 今年は2季なりのラズベリーが順調に収穫できています。といっても樹が少ないので、1日300~500g程度なのですが、毎日摘みながら近くの直売所に持って行くようにしています。残りは水洗い後冷凍保存し、ジャムの材料として利用しています。そして、時々冷凍ラズベリーの注文が入るので助かっています。

2季なりのインディアンサマー、これからも順次熟す幼果がたくさん付いています。
IMGP3383.jpg
IMGP3381.jpg

同じくイエローラズベリー。
IMGP3380.jpg

今日の収穫。このラズベリーはすべて冷凍保存します。
IMGP3386.jpg

園内を悩ます雑草たち

 他のベリー畑には宿根草の多年草は生えていませんが、ブルーベリー畑にはいろいろな多年草に覆われてしまいます。
毎年樹木チップを補充していますが、樹木チップを新しく敷いたところは一年草の発芽を押さえられますが、宿根草の多年草は下から出てくるので厄介な雑草です。園内には数種類の多年草、ヒルガオ、ヨモギ、ドクダミ、ヤブカラシなどが縄張り争いをしているかのように繁茂します。特にヒルガオとヤブカラシはつる性なのでブルーベリーに巻き付き困りものです。
 除草剤を使うとこの多年草がきれいになくなるのにと思いながら今日も草刈りです。


園内の多年草たち。
ヒルガオ
IMGP3373.jpg

ヨモギ
IMGP3374.jpg

ドクダミ
IMGP3372.jpg

今期最後の草刈り開始

 今年最後の草刈りを始めました。この草刈りで来年の春まで草刈りから解放されます。
ブルーベリー畑が終わったら次にブラックベリー・ラズベリー畑と続きます。


午前中は畑の周辺。中央にクローバーが生えているのでその部分は残します。
IMGP3367.jpg
IMGP3368.jpg

午後からブルーベリー畑の草刈り開始。
IMGP3369.jpg
IMGP3370.jpg

今年最後の採蜜です。

 この秋2群目の採蜜をしました。そして今年の採蜜は終わりです。
巣箱の近くにあるセイタカアワダチソウの穂先もだいぶ黄色が増してきて開花寸前です。この花が咲くと巣箱が臭くなります。おそらくこの花の蜜を集め始めたためと言われています。そのため日本ミツバチを飼っている仲間は、セイタカアワダチソウの開花前に採蜜するようにしています。
 今日蜜を取るのは、今年捕獲した新しい分蜂群からの初採蜜となります。そのため天板を取ると、育児に使われていないきれいな巣に蜜が詰めてあります。きれいな白い巣の部分は、蜜を絞らずに「巣蜜」として切り取ります。
 今日のハチ達もおとなしく作業がスムーズに終わることができました。


セイタカアワダチソウの穂先が黄色を増してきました。
IMGP3359.jpg

今日の採蜜はこの群から。
IMGP3360.jpg

巣箱の天板を外したところ。
白いきれいな巣です。上から5cm位は白いので「巣蜜」として利用できます。
IMGP3361.jpg

切り取り後の下の箱も蜜がたまっています。この部分は取らずに残しておきます。ミツバチ達の冬の食料になりますからね。
IMGP3363.jpg

プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム