ブルーベリーの剪定が終了。

 ブルーベリーの剪定がやっと終わりました。剪定枝の多く出るのはやはり生育の旺盛なラビットアイ系のブルーベリーで、剪定しがいが特にありました。
 これで来シーズンも美味しい大きな実をたくさん収穫できることでしょう。この後はラズベリーの剪定、そして今年中に有機肥料をたっぷり施します。


剪定枝を外に運び出しました。もっとたくさん出るかと思いましたが以外に少ないような気がします。
IMGP3544.jpg

位置を変えてもう一枚。
IMGP3542.jpg

オビブランカ買いました。

 注文したオビブランカが届きました。
これで畑に8種類。来春畑に植えようと仕入れた鉢植えが5種類。これだけ集めても他に手に入れたい品種が数種類あるのですが、これらは超希少品種らしく簡単には手に入りそうもありません。気長に入手機会を待ちます。
 届いたオビブランカは、DNAオリーブというシールが付いておりDNA鑑定しており、品種が確実なのだそうで安心です。
オリーブの栽培にだいぶのめり込んでしまいましたが、これも生きがい対策と理由を付けて、美味しいオリーブ漬けを夢見ています。


届いたオビブランカ。
IMGP3527.jpg

DNAオリーブのカード。品種は間違いないでしょう。
IMGP3529.jpg

来春畑に植える予定の5種類の鉢植え。
左からハーディスマンモス、マンザニロ、UC13A6、サウスオーストラリアベルダル、そしてオビブランカです。
IMGP3531.jpg

汗を流しながらの剪定

 今日は暖かく剪定をしていると汗が頭から流れ落ちるほどでした。
今日の剪定は、ウィトーとバルドウインでした。ほぼ半分近く進んだでしょうか。
バルドウインは、実が大きくブドウの房のように実をたくさん付けてくれますが、酸味が強く完熟の見極めが難しい品種のようです。しかし、大きな実をたくさん付けるので人気のある品種ですね。


バルドウインの剪定前と剪定後ですが、写真写りがよくわかりません。
IMGP3515.jpg
IMGP3518.jpg

剪定は今年勢いよく伸びた枝を残し、去年の古い枝を切り落とします。
IMGP3516.jpg
IMGP3517.jpg

剪定と蓑虫

 剪定をしていると小さな蓑虫がたくさん葉や枝に付いています。今年は特に多いようです。夏に親蓑虫をよく駆除しなかったのでしょう。今後は注意しないといけません。
 今日の剪定はノビリスを中心に行いましたが、成長が旺盛で剪定のしがいがあった一日でした。剪定はどの枝を残し、どの枝を切ると大きな実を付けてくれるようになるか考えながらの作業なので、楽しみながら進められます。


このような子供蓑虫が木によってたくさん付いています。
IMGP3511.jpg

剪定しがいのあるノビリス。大きくなりすぎています。
IMGP3512.jpg

思い切って剪定しスッキリしましたが、切り足りないようにも見えます。
IMGP3513.jpg

こちらはフクベリーです。フクベリーも大きくなってきました。
IMGP3507.jpg

剪定後。スッキリしました。
IMGP3508.jpg

今日も剪定

 ブルーベリーの剪定は続きます。穏やかな晴れの天気も続き作業が進みます。一日にできる剪定は約20株程度でしょうか、特にラビットアイ系の株は成長が旺盛なので剪定枝の量も多く出ます。
 青空の下での作業は爽やかで時間の過ぎるのも早く感じます。


今日の剪定は「プレミアム」という品種20株です。
剪定前。だいぶ枝が混雑しています。
IMGP3498.jpg

一畝10株完了。背後にある軽トラックが見えるようになりました。
IMGP3503.jpg

近くからの剪定前。
IMGP3500.jpg

剪定後。
IMGP3501.jpg



今日からブルーベリーの剪定です。

 他の皆さんは落葉後に剪定をするようですが、私は毎年11月から剪定をするようにしています。冬の管理作業には、剪定、施肥、マルチ用の樹木チップの補充などの作業があります。この一年間にブルーベリーが繁茂し、ラビットアイなどは横にも広がりを増しているので、まずは樹木の剪定でスッキリさせた後に施肥、そして樹木チップの作業を進めたいのです。
 剪定後は樹木間や畝間が広くなるのでその後の作業がしやすくなります。


剪定開始はブルークロップから。少しはスッキリしたのがわかるでしょうか。
剪定前と剪定後
IMGP3494.jpg
IMGP3497.jpg

近くからの剪定前と剪定後
IMGP3495.jpg
IMGP3496.jpg

オリーブの苗を購入

 オリーブに興味を持ち始めると、いろいろな品種を集めたくなります。調べるほどに希少品種や大きな実のなる品種、愛好家に人気のある品種など増やしたくなります。しかし植える畑は茨城県という北限地、強い北風、耐寒性のありそうな品種を選びたいですが、結局は魅力的な品種優先になってしまいます。
 そして今日ホームセンターを覗いてみると欲しい品種の一つ「サウスオーストラリアベルダル」が一鉢あったので買ってしまいました。鉢で越冬後、来春畑に定植します。


新しく購入した「サウスオーストラリアベルダル」。あるサイトの説明によると、実は中から大、葉は特大とあります。
IMGP3491.jpg

葉が大きいです。葉が大きいので、品種名は間違っていないようです。
IMGP3493.jpg

オリーブ漬けに挑戦

 昨日譲って頂いたオリーブの実の漬け物に初挑戦です。
漬け方を調べるといろいろな漬け方が紹介されていますが、初めてなので薬剤を使わない方法を選びました。
塩漬け、シロップ漬け、アルコール漬けの3方法で試します。
最初に実を水洗いし、ひどい虫食いは取り除きます。オリーブは完熟、半完熟、緑実といろいろです。しかも完熟はしわの出ている実、柔らかい実といろいろありますが取り除かないで漬け込みます。漬け込む器は煮沸殺菌と説明にありますが、面倒なので35度のリカー酒で器を洗いました。
塩漬けが約1600g、シロップ漬けが520g、アルコール(ホワイトリカー)漬けが1000gでチャレンジです。
食べ頃もいろいろな方法の中で1ヶ月半から半年と大きな違いがあります。完熟果は早く漬かり、青果が半年なのかと勝手に考えてみました。楽しみにしながら1ヶ月半後から味見開始しようと思います。
結果は随時報告します。今後のために、どなたか良い助言がありましたらお待ちします。


水洗いし、残っている果柄を取り除きました。しわしわ実や柔らかい身も貴重なので使います。
IMGP3488.jpg

それぞれ瓶詰めが完了です。左からホワイトリカー漬け、シロップ漬け、塩漬けです。
シロップはメープルシロップを使用、塩漬けは実1.6kgに対し塩300gを使用、どうでしょうか。
IMGP3490.jpg

一日オリーブの日になりました。

 同じ市内でオリーブを約40本、8年前から栽培している方がおられたので、いろいろオリーブについて教えてもらおうと午前中お邪魔してきました。新漬けオリーブを頂きましたが、とても美味しく口の中に香りが広がります。我が家のオリーブはまだ収穫できませんが、収穫できるようになったら新漬けの方法を是非にも教わりたいとお願いしてきました。
 そして午後は、近所に大きなオリーブの木が1本あり、黒く熟した実をたくさん付けているのに持ち主は収穫しないとのこと。もったいないので、持ち主にお願いし少し分けて頂くことになり、初めてのオリーブ収穫作業です。木が大きく脚立で届く範囲を取りましたが、約3kgの収穫です。明日塩漬けにチャレンジです。シロップ漬けも良さそうですね。
 また今日は新たに注文したオリーブの苗木が届きました。品種は「UC13A6」という変わった名前ですが、大きな実で人気があるようです。


同じ市内で長年オリーブ栽培をしており、美味しい新漬けができていました。植えて8年の木でしたが生育が早いので大きな木に生育していました。やはり風には弱いとのことで支柱で補強してあります。
IMGP3481.jpg

近所にある大きなオリーブ。持ち主にお願いし収穫作業です。
IMGP3484.jpg

熟した実がたくさん付いています。
IMGP3483.jpg

約3kgの収穫でした。明日この実を漬けますが、どのように漬けたら良いのか考えなければなりません。
IMGP3485.jpg

そして新たに注文した「UC13A6」別名California Queenだそうです。
IMGP3487.jpg

11月でも採蜜です。

 今年はセイタカアワダチソウの花が咲いても巣箱からいやな臭いがしません。ハチ達はセイタカアワダチソウの花粉や蜜を集めていると思うのですがいやな臭いがしないのです。もしかしたらあのいやな臭いはセタカの花ではなく、同じ時期に咲く他の花が原因なのではないでしょうか。
 いずれにしてもいやな臭いが出ないので、採蜜を続けています。今回は今年の3月末に一度採蜜をしている同じ群からの2回目の採蜜です。気温が低くなってきたので垂れ蜜方式では蜜がたれにくく、一式を大きなビニールの袋に入れ日当たりの良い部屋に置いての作業です。
 蜜の糖度も82%以上ありとても濃いようです。瓶詰めまで終わったら、もう一群採蜜をする予定です。


今年2回目の採蜜になる強群から。
IMGP3474.jpg

最上段を切り取った残りの段。
IMGP3476.jpg

ビニールの袋に入れ日当たりの良い部屋で垂れ蜜です。
IMGP3479.jpg

糖度は十分高いです。
IMGP3478.jpg
プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム