ブルーベリーは端境期ですが、ブラックベリーが実っています。

 雨が上がったらこの暑さ!大粒のブラックベリーは雨続きのうちに終了しましたが、やっと小粒のブラックベリーが収穫出来ています。雨の中来て下さった○○様、収穫出来るようになったことをこの場を借りてお知らせする次第です。連絡先をきちんと確認せずお別れしたので・・・(ご連絡をお待ちしております)
 ところで今年はラズベリーがたくさん収穫できましたが、なんと、まだ七月だというのに秋期の実り思われる花が咲いているではありませんか!あまりの暑さの中で美味しく実ることを祈るのみです。

今日も孫分蜂

 今年の新群、3群目が2回目の孫分蜂しました。もう7月の10日、そろそろ蜜源の花も少なくなる時期なのにこの分蜂群が順調に生長できるか心配になります。

今回蜂球を作ってくれた誘導板は今まで一回も使われなかった板でしたが、初めて集まってくれました。
IMGP4047.jpg

紐で吊ってあるので、その紐を緩めると集合板が下りてきます。下ろした板を巣箱の上に載せて上をたたいて完了です。
IMGP4048.jpg

採蜜と消滅の記録

 梅雨は湿度が高いので採蜜には好ましくありませんが、雨の合間に一群から採蜜しました。この群は巣板の成長が早く、継ぎ箱をいしていくと余りにも巣箱の背丈が高くなり不安定になるので、雨が続く梅雨ですがあえて採蜜をすることにしました。大きなビニール袋の中での垂れ蜜中なので糖度はわかりませんが、蜜の垂れ具合から察すると糖度は高そうです。
 今年の分蜂と消滅の実態
 今年は8群がそれぞれ分蜂をしましたが、分蜂のしすぎで3群が消滅です。この3群は強群で5~7回の分蜂を繰り返したための消滅です。自群のこの結果からわかることは分蜂は4回までが営巣を継続でき、5回以上の分蜂は消滅に向かう傾向があるようです。


湿度が高いので、空気中の水分を吸収し糖度が下がらないようビニール袋で覆っての垂れ蜜です。
IMGP4045.jpg

長雨のおかげで裂果被害

 雨の日がもう何日続いているでしょう。ブルーベリーの収穫も毎日雨合羽を着ての作業が続いています。見事な梅雨のおかげでブルーベリーの実が水分を含み割れています。裂果は全品種に発生していますが、特に被害を受けているのがラビットアイ系の「プレミア」です。このプレミア、熟している実の半分以上裂果状態のようです。
 長雨が続くことにより、裂果の被害とブルーベリー本来の味も失われしまいますので困ります。


特に裂果の多い「プレミア」。この品種は全体がこんな状態。
IMGP4042.jpg

見事に爆発状態。
IMGP4044.jpg
IMGP4043.jpg

ジャンボ蜂球出現

 今日の9時半頃に直売所にブルーベリーを納めて家に帰るとすごい羽音。もしかしてと空を見上げるとミツバチ達の分蜂が始まっていました。孫分蜂は1ヶ月前に終わっていると思っていましたが、他の新群が分蜂を起こしました。
 お行儀良く20m近く離れた分蜂誘導板に結集。蜂球になると今までに見たことのないような特大蜂球です。まるで元の巣箱から全部の蜂が逃去のために飛び出したのかと思うくらいの塊りなので、元の巣箱を覗いてしまいましたがまだ蜂が残っていたので安心です。
 しかし、この時期の分蜂は、だんだん蜜源の花が少なくなっていくのと、新しい女王蜂の交尾行動に必要な雄蜂がまだいるのか心配になります。というのは我が家の巣箱には雄蜂の姿が見えなくなっているのです。


今までに見たことのないような巨大蜂球。
IMGP4036.jpg

巣箱に直接上から落としますが、内寸24cmの枠内に収まりません。
IMGP4037.jpg

元の巣箱を覗くと、巣板が見える位に蜂は減っていますが、まだたくさん残っています。残っている新しい女王蜂の交尾に雄蜂がまだいるか心配です。
IMGP4038.jpg
プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム