採蜜しました。

 9月に入り何回目かの採蜜です。今日の採蜜群は、去年の分蜂群で初めての採蜜になります。この群は最初から弱小群で越冬が難しいだろうと思っていたところ、無事越冬でき春頃から勢力を増し始め強群に近く成長することが出来た群なのです。なので、今年の4月には分蜂を起こしていない程の弱小群でした。その弱小群が今回採蜜できるほど勢力を増し、巣板が成長できたのは驚きでもあります。
 1年越しの蜜ですが、垂れ蜜で蜜を取りだしたところ蜜に粘りがなく糖度が低そうな様子です。


今回の採蜜群。去年から採蜜していない1年越しの初採蜜になります。
IMGP4105.jpg

採蜜時には、天板と上から1段目と2段目の間、2カ所を細いワイヤーで切り取ります。ハチ達のストレスを和らげるため、切り取るところにワイヤーを事前に2本セットし、速やかに切り取れるよう心がけています。
IMGP4106.jpg

切り取った最上段の巣と蜜の様子。見た目は糖度もしっかりした蜜のようでしたが、垂れ蜜を始めるとどうやら糖度は低そうです。
IMGP4108.jpg

オリーブ新漬けに挑戦(その4)

 オリーブの新漬け、同じような写真のブログが続きます。
今日は1%から2%に食塩水を替えました。水が約200ccなので食塩は4gです。
今朝見ると前日の食塩水がまだ若干色が付いています。苛性ソーダ液から水替えして4日が過ぎましたが、まだアクというか苛性ソーダの成分が抜け切れていないようです。工程に何か不備があったのかと心配です。
 明日から3%の食塩水に漬けて終了の予定です。


昨日漬けた1%の状態。まだ若干水に色が付いています。まだ苛性ソーダが染み出しているということになりますね。
IMGP4101.jpg

新しい2%の塩水に替えました。
IMGP4102.jpg

新漬けに挑戦(その3)

 今日から塩水漬けです。
苛性ソーダ液から真水に取り替え3日間が過ぎたので、今日から塩水に漬け始めることにします。
昨日の夕方に水を取り替え、今朝濁りを見るとまだ少し色が付いているようですが、3日が過ぎたのでまずは1%の塩水に取り替えました。
 まだ塩水に色が付くようだと苛性ソーダの成分が抜け切れていないことになるので、塩水を取り替えます。明日は2%の塩水にしながら、3日目に3%で仕上げる予定。
 仕上がりが楽しみですが、失敗もあるので複雑な気持ちです。作業工程の途中で味見したいところですが、数が少ないので味見をしていると無くなってしまうことから、完成まで大切に取っておきます。


一晩おいた様子。3日が過ぎてもまだ少し色が付いています。
IMGP4098.jpg

1%の食塩に使う塩を計ります。白の台紙なので塩が見えません。
IMGP4099.jpg

食塩水に漬けたところ。
IMGP4100.jpg

採蜜が続きます。

 引き続き採蜜しています。
採蜜時には、ミツバチ達が一生懸命に集めた蜜を横取りするのですから感謝の気持ちで巣を切り取っています。
西洋蜜蜂は採蜜時に騒ぐので煙を掛けながら作業をするようですが、反面ニホンミツバチは毎回実に穏やかで蜂蜜を分けてくれます。今回も、面布に2~3匹まつわりつきましたが、おとなしいハチ達です。


蜂蜜だけが詰まった部分を分けて頂きました。
IMGP4086.jpg

大きなビニール袋の中で垂れ蜜という方法で時間を掛けて取り出します。綺麗な巣板があったので、今回も巣蜜として一部確保しました。
IMGP4088.jpg

3日間垂らした蜜は約4.5kgです。糖度も79.7%でした。
IMGP4097.jpg

新漬けに挑戦(その2)

 昨夜9時、苛性ソーダ2%液にオリーブを漬け、今朝の8時に真水に取り替えました。真水に取り替えるときオリーブの実を切ってみると、どうやら中まで苛性ソーダが染みているようなので今後の工程が楽しみになります。
 今日一日で水を3回取り替えています。明日もまだ茶色の水になるでしょうから、水を取り替えながら苛性ソーダの成分を抜き取らなければなりません。


今朝の8時(苛性ソーダに漬けて11時間)のオリーブを切ってみたところ。たぶんこれでOKでしょう。
IMGP4093.jpg

真水に替えて3時間後。苛性ソーダが染み出し水が変色しています。水を小まめに替えながら、この変色がなくなると次の工程に移れます。
IMGP4094.jpg

新漬けに挑戦

 初めてオリーブの新漬けに挑戦です。「サウスオーストラリアベルダル」が熟し始めているようなので、収穫しチャレンジです。
とは言っても約30個、130gでの挑戦です。苛性ソーダ液は実が1kgに対して1リッターと言われますが、130gなので200ccの水に苛性ソーダを4gいれて2%の水溶液を作ることにしました。
 夕方液を準備し、今夜の9時頃にオリーブを漬け始めようと思います。翌朝7時で10時間になるので早めに起きて様子を見ることにします。
 初めてのことなのでどうなるか心配です。


収穫したオリーブ。一個炭疽病にかかったバロウニが入っているので、サウスオーストラリアベルダルが小さく見えます。
IMGP4089.jpg

ちなみにこのバロウニ20gありました。
IMGP4090.jpg

新漬けにするオリーブ計量すると130gでした。
IMGP4091.jpg

水200ccに4gの苛性ソーダを準備します。計量は劇物のため緊張したのか2gで写真を撮ってしまいました。
IMGP4092.jpg

採蜜

 ようやく晴れの日が続き始めたので湿度は高めでしたが一群採蜜しました。この群は今年の新群で初めての採蜜なので、最上部の巣板が白く綺麗なことから、その部分を一部巣蜜として確保することとします。
 湿度が高めの日が続いたのですが糖度は79.3%なので発酵は免れるでしょう。


今回採蜜する最上段の天板を外したところ。
IMGP4080.jpg

一部綺麗な巣板の蜜を絞らないで巣蜜として確保します。
IMGP4082.jpg

糖度は79.3%でした。
IMGP4085.jpg

そろそろ新漬けの季節か

 畑のオリーブの中で「サウスオーストラリアベルダル」が熟し始めています。まだ樹が小さいので30個程度の実ですが、そろそろ新漬けに挑戦してみようと思います。1個は赤みを帯び、他の実も緑から黄色みを帯びているようです。
 新漬け用の実を収穫するタイミングがまだよくわかりませんが、渋抜きように苛性ソーダを購入しチャレンジするのが楽しみです。


S・Aベルダルの実が赤みを帯びています。
IMGP4083.jpg

数は少ないですが挑戦します。
IMGP4084.jpg

作業に快適な季節

 今年5~6回目の草刈りです。月1回のペースで草刈りを行っていますが10月の草刈りが今年最後になるでしょうか。
もみ殻散らしの合間に草刈りですが、今の季節は作業をするのに最適で作業が進みます。8月の草刈りは滝のように汗が流れますが、今日はほとんど汗は出ません。作業に快適な季節になりました。


約1ヶ月でこの状態ですので、草の生長はすばらしく早いですね。
IMGP4079.jpg

我が家に珍客

 夜、家の中を黒いものが飛んでいるではないか。アゲハチョウが飛んでいるのかと思いましたが、アゲハチョウよりは早く移動するので、追い詰めて見るとコウモリでした。
 家の中にコウモリが侵入してくるとは驚きで、もちろん初めての出来事です。昆虫網で捕獲し外に出してあげました。


カーテンに留まった小さなコウモリ。
DSC00323.jpg
プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム