だいぶ遅い自然入居です。

 今朝早く納屋の軒下に置いてある待ち箱を見ると日本蜜蜂達が騒いでいるので、中を覗くと既に大群が入居済みでした。
5月も末、分蜂シーズンは終わりとあきらめていましたが、うれしいことに入居してくれました。2次分蜂群の可能性もありますが、つくばでは時期的にまだ早いし、比較的大きな群なので遅れて発生した分蜂群のように思われます。


今朝、箱を見ると蜜蜂達が騒いでいます。
IMGP4386.jpg

中を覗くと蜂の塊が、比較的大きな群れです。昨日は箱を見なかったので、おそらく昨日入居していたのでしょう。
IMGP4392.jpg

入居群の名前は、16・5/28と日付を群名にします。
IMGP4394.jpg

ジューンベリーが熟しました

 ブルーベリーと一緒にジューンベリーが数本植えてあります。2m位の木ですがたくさんの実を付けて、熟し始めています。
小さなとても可愛い実ですが甘くとても美味しいのです。熟した実から収穫しジャムにすると美味しそうです。
 そして2回目の草刈りです。ブルーベリーの実も所々色づいています。


ジューンベリーの綺麗に熟し始めています。
IMGP4391.jpg
IMGP4390.jpg
IMGP4389.jpg

2回目の草刈り。
IMGP4388.jpg

刈り払い機のメンテ

 今年も草刈り作業が続き、刈り払い機の使用時間が他の農家より多くなるのは確かなので軸の回転部分にグリースを注入しました。以前は刈り払い機にグリースが必要なんて知りませんでしたが、最近は小まめに手入れするようになりました。


この部分のネジを外しグリースを入れます。
IMGP4382.jpg

専用のグリースチューブを差し込み注入。
IMGP4383.jpg

使用した草刈り機専用グリース。
IMGP4384.jpg

気持ちの良い田んぼ

 田植えを5月4日に行った田んぼです。苗はまだ小さいですが、黄緑の苗が水面をふさぎ始めた光景を眺めるのは気持ちの良いものです。

筑波山を背景に写してみました。苗が風にそよいでいます。
IMGP4378.jpg

ブルーベリー、オリーブ、プルーンなど

今日はいろいろ写真を撮ってみました。

ブルーベリー
ブルーベリーの接ぎ木状態。接ぎ穂から元気な新芽が出ています。中には新芽の成長が悪い接木苗もありますがこれから成長することを願っています。
IMGP4371.jpg

ラビットアイの挿し木した状態。今のところ順調に新芽を伸ばしていますが、まだ根がしっかり出ていないので枯れてしまう苗も出てくるでしょう。この挿し木苗は来年接ぎ木の台木にします。
IMGP4372.jpg

オリーブ
オリーブの接ぎ木です。実のならない観賞用のシルベストリスというオリーブを台木にジャンボカラマタという品種を接ぎ木しました。
このジャンボカラマタは大きな実を付けるので大変人気のある品種ですが、他の品種は挿し木で繁殖できるなか挿し木が困難なので主に接ぎ木で苗を作るため、大変希少品種になっています。
IMGP4369.jpg

プルーン
初めてプルーンが実を付けてくれました。品種はスタンレイです。他に4品種植えてありますが元気の良い実を付けたのはこの品種でした。農薬散布の必要なプルーンですができるだけ無農薬で育てようとしているので、無事に実の収穫ができるか楽しみです。

IMGP4374.jpg

採蜜

 今年分蜂した1群の蜂数が極端に少なくなり消滅の可能性が高いので、巣板を少なくするため一段採蜜をかねて切り取りました。
蜂数が少ないのに巣板が大きいと巣の管理ができなくなり巣虫の餌食になってしまいます。


ミツバチはまだ居ますが、巣箱を覗くと巣板の下の方にはほとんど居ない状況。消滅しないと良いのですが。
IMGP4367.jpg

切り取る最上段の上蓋を取り除いたところ。
IMGP4368.jpg

きれいな蜜蝋作り

今日は朝からの雨なので先日採蜜をした巣屑から蜜蝋を作ることにしました。
きれいな蜜蝋を作るために自己流の方法で行います。以前作った方法ではどうしても不純物が混入していましたが今はきれいな蜜蝋になります。


きれいな蜜蝋私流

蜜蝋を流し込むための型は牛乳パックを使用。
最初にこし布をパックにテープで留める。
IMGP4359.jpg

こし布の上に流し用水切りネットをかぶせ、荒い不純物をネットで取りながら最後にこし布で細かいゴミを取り除けるよう二重にしています。
IMGP4362.jpg

溶けた不純物入りの蜜蝋をパックに流し込んだところ。不純物がたくさんネットの上に残ります。
IMGP4364.jpg

蜜蝋が固まり、牛乳パックを切り開いたところ。
きれいな蜜蝋ができました。一回の採蜜でこれだけの蜜蝋ができます。
IMGP4365.jpg


草刈り

 今日はまだ一度も草を刈っていないエリアの草刈りです。曇りで比較的涼しく草刈り作業には快適な日でした。今日の草刈りは樹木チップに植えてあるチップ栽培の部分です。草はほとんど地下茎で増える宿根草で、ヒルガオを中心にドクダミ・ヨモギが繁茂しています。毎年これらの雑草を見ていると、ドクダミ・ヨモギの生育範囲が広がりを見せヒルガオの勢力に影響を与えているようです。今後どのように雑草たちの勢力が変わっていくか興味が出てきました。

ヒルガオが一面に広がっている部分。
草刈り前
IMGP4357.jpg

草刈り後
IMGP4358.jpg

防鳥ネットと幼果

 田植えが終わりブルーベリーの花も終わりに近づいたので防鳥ネットを広げました。
いつものことですが、防鳥ネットを張ると天井の低いカゴの中という感じで、青空も見えにくく風も入りにくいので爽やかさがなく開放感もなくなりますが果実を野鳥から守るためには仕方ありません。
 幼果の実り状況を見るとハイブッシュ系は順調のようですが、ラビットアイ系は品種により実の付きが悪く不作に近い品種が見られます。特に比較的大きな実をたくさん付ける晩生の「バルドウィン」が不作のようで残念です。


防鳥ネットを張りました。一面に蔓草の「ヒルガオ」が今年も地面を覆っています。
IMGP4348.jpg

ハイブッシュ系の幼果はだいぶ大きくなってきています。実の付きも順調です。
IMGP4353.jpg
IMGP4349.jpg

ラビットアイ系は品種によりほとんど実がありません。
IMGP4355.jpg


プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム