ブルーベリーの挿し木

 今年はまだ寒い日が多く挿し木は早いような気がしますが、毎年彼岸明けのこの時期に行っているので挿してみました。
今回は少し多めの約200本、品種はノビリス・バルドウイン・ラヒの3種類をピートモス100%の挿し床です。


プランターにピートモスを入れた挿し床です。
IMGP4577.jpg

約200本挿してみました。
IMGP4576.jpg

まだ寒いのと乾燥防止のためビニールで覆います。
IMGP4578.jpg

鉢植えブルーベリーの接ぎ木

 先日は畑のブルーベリーに接ぎ木しましたが、今日は鉢植えの苗に接ぎ木です。鉢植えの苗は接ぎ木の台木用に去年ラビットアイを挿し木した1年生の苗を使っています。
 接ぎ木は毎年すべてが成功するわけではないので、今回は成功率がどのくらいになるか今後の成長が楽しみです。
41鉢に8品種を数鉢づつ接ぎ木し来年の補植苗にします。


台木用のラビットアイ。去年挿し木した1年生苗。
IMGP4573.jpg

接ぎ木終了。8品種を接ぎ木しましたが成功はどれくらいになるでしょう。
IMGP4574.jpg


IMGP4575.jpg

ブルーベリーの接ぎ木

 暖かくなってきたので畑でブルーベリーの接ぎ木を始めました。あるところのデータでは5・6月のほうが活着率が高いようですが、毎年3月後半に接ぎ木を行うようにしています。まずは畑の接ぎ木ブルーベリーの台木から発生したサッカー(ひこばえ)に親木の穂を接ぎ木し幹を増やしていきます。

接ぎ木ブルークロップ
ラビットアイを台木にしているので毎年台木より新たなラビットアイが伸びてきます。葉が落ちてしまうとわからなくなるので事前にテープで印を付けておいたものに接ぎ木します。
IMGP4567.jpg

接ぎ木完了ですが、接ぎ穂から芽が出てこないと成功かどうかわかりません。
IMGP4568.jpg

接ぎ木スパルタン
このスパルタンは台木から発生したサッカーの勢いが良く、成長するための養分が取られ株の成長が阻害されています。
IMGP4571.jpg

接ぎ木が成功すると勢いよく成長するでしょう。
IMGP4572.jpg

オリーブの接ぎ木

 まだ寒い日が続いていますが3月に入ったのでオリーブの接ぎ木をしました。
接ぎ木は2品種。特大実を付けるジャンボカラマタとバロウニという品種です。
去年、ジャンボカラマタを一本接ぎ木したところ成功し、その後も順調に生育しているので再度挑戦です。


下枝が無く間延びしてしまったハーディスマンモス?を台木にします。右端の小さな苗は去年接ぎ木したジャンボカラマタ。
IMGP4559.jpg

去年の接ぎ木ジャンボカラマタ順調な生育です。
IMGP4562.jpg

台木を思い切って根元から切り取りました。
IMGP4563.jpg

これで接ぎ木完了。無事活着し成功したかどうかは1ヶ月後にわかるでしょう。
IMGP4566.jpg
プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム