雨の日は蜜蝋作り

 先日雨の日に蜜蝋を作りました。室内で蜜蝋作りをすると室内が蝋の臭いが充満するのでいつも外での作業になります。
外で作業をしていると蜜蝋の香りが広がるのでミツバチやスズメバチが集まり作業の邪魔になるので、蜜蝋作りは蜂達があまり活動できない雨の日を選んで行っています。


出来上がった蜜蝋。溶かした蜜蝋を漉して不純物を取り除いています。
IMGP4703.jpg

以前から作り置きした蜜蝋。在庫がだいぶ出来ています。
ハンドクリームやリップクリーム用に需要があります。
IMGP4705.jpg

ブラックベリーの剪定

 ブラックベリーの剪定を始めています。
ブラックベリーの剪定は、今年実を付けた幹は枯れてしまうため枯れた幹の除去と翌年発生した新しい枝に実を付けるので、今年の新しい幹を切り詰めたり混んでいる幹を間引くだけなので作業が早く進みます。ところが一畝だけ鋭いトゲのある品種があり、分厚い革手袋をしても他の品種と比べ作業が3倍くらいの時間がかかります。


画像右側のブラックベリーは剪定が終了し、左側の畝を始めますがトゲが鋭く慎重に作業をしなければなりません。
IMGP4711.jpg

今日は畝の半分までの剪定で終了です。
IMGP4713.jpg

防鳥ネットの片付け

 今年もブルーベリーシーズンが終わり防鳥ネットを外すと冬の管理作業が始まります。
防鳥ネットを広げた状態は閉鎖的空間となっていましたが、開放的になったのでこれからは快適は環境での管理作業が出来ます。


防鳥ネットを外しました。
IMGP4702.jpg
IMGP4701.jpg

今年の新群から採蜜

 今年の4月に捕獲した新群から採蜜をしました。やっと採蜜が出来るように巣板が成長したので実施です。1段の高さ15cmの重箱3段半まで巣が伸びたので蜜を頂くことにしました。ところが最上段の1段を切り取ったところ残りの巣板2枚分が下に落ちてしまいました。採蜜の時期がまだ早かったようで、もう少し気温が低くなるまで待つべきでした。特に新群の巣板は柔らかいので気温の高い時期の採蜜は避けるべきです。他の群も新群なので採蜜は10月まで待つことにします。
 


今年の新群。天板を外したところ。
IMGP4696.jpg

垂れ蜜で取り出した蜜の糖度は80.7%ありました。
IMGP4699.jpg

ブルーベリー畑も管理作業へ

 ブルーベリーのシーズンも終わりこれから来年に向けての管理作業が始まります。
本格的な剪定や施肥作業は11月頃からになりますが、今は籾殻を敷き込んでいます。畝間に籾殻を敷き込むことにより来年の雑草を押さえることが出来草刈りが多少楽になります。
 近所の農家の方が籾殻の処分を兼ねて運んで下さるのを畑に小さなリヤカーで小運搬しますが、まだまだ暑いので汗だくになる作業です。


運んでくれた籾殻。このくらいづつ何回か運んでくるので大変です。
IMGP4693.jpg

リヤカーで小運搬。
IMGP4695.jpg

オオスズメバチが来始めました。

 今日の朝巣箱を見に行くと、4匹のオオスズメバチが巣箱の周辺を飛んでいました。今年も現れたかと早速1匹を捕まえネズミ用粘着シートに付けて巣箱の上に置くと、残りの3匹も間もなくシートにくっついてくれました。
約3時間後に見に行くと3匹増えて7匹がシートの犠牲になっています。今日が出始めなのでこれからどれくらいシートの犠牲になるか、おそらく1枚のシートでは足りなくなり交換するようになるでしょう。


今日からオオスズメバチ捕獲用のネズミ用粘着シートが出番となりました。
IMGP4691.jpg

3時間後。
IMGP4692.jpg
プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム