オリーブ新漬け2日目

 昨日収穫し渋抜きのため苛性ソーダ液に一晩浸し今朝水を交換しました。苛性ソーダ液に約10時間浸すと液は赤ワイン色に変わり灰汁がしみ出します。今日からは小まめに水を交換し、オリーブの果実にしみ込んだ苛性ソーダの成分を完全に取り出します。
朝方水を交換しても昼には同じように赤ワイン色になってしまいますが、根気よく3日間程水を交換すると水が濁らなくなり苛性ソーダが排出したとこになります。


一晩苛性ソーダに漬けると、灰汁が溶け出し色の濃い水に変わります。
IMGP4741.jpg

水を交換したところ。
IMGP4748.jpg

4時間後には再度色の濃い水に変わります。
IMGP4750.jpg

そのたびに水を交換し、この作業を繰り返します。
IMGP4752.jpg

オリーブ新漬け第2弾

 約1週間前に漬けた新漬けがほぼ終了したので、第2弾目の新漬け開始です。タイミング良く今日は長雨の合間に晴れてくれたので、品種名コラティーナとアザパを収穫しました。
 コラティーナは半分ほどが大粒で約7kg、アザパは大粒品種なのでほとんどが大粒ですがまだ樹が若いので1.7kgの収穫です。


収穫したオリーブ。左がアザパ、右がコラティーナ。来年はアザパ樹も大きくなるのでもっとたくさん収穫出来るでしょう。
今夜苛性ソーダ溶液に漬け込み、翌朝から小まめに水を交換し苛性ソーダの成分をオリーブから抜いていきます。
IMGP4738.jpg

1週間前に漬けた新漬け。食べると口の中全体にオイル成分が広がり美味しいく出来ました。
IMGP4740.jpg

雨の日は蜜蝋作り

 日本ミツバチの巣屑がたまり雨模様なので蜜蝋作りです。作業をしていると雨なのにミツバチが蜜蝋の香りに引き寄せられ数匹寄ってきて作業を邪魔します。晴れた暖かな日にはたくさんのミツバチやスズメバチが香りに引き寄せられ集まってくるので、雨の日を選んでの作業です。

流し用のゴミとリネットに巣屑を入れて鍋で沸騰しにように煮ると蝋が溶け出し上に浮いてくるので、鍋ごと水に漬け冷やしてあげると早く蝋を取り出せます。
IMGP4730.jpg

蝋を取り出したところ。まだたくさん小さな巣屑が混ざっています。
IMGP4734.jpg

取り出した蜜蝋を再度溶かすため湯煎します。
IMGP4735.jpg

湯煎で溶かした蜜蝋をこし布を2重にした器に流し込み完了となります。
器は牛乳パックを使い、こし布は下に目の細かい布、その上にゴミとリネットを重ねるとゴミが漉され綺麗な蜜蝋になります。
IMGP4736.jpg

オリーブ新漬け開始

 今年のオリーブ新漬け第1回目を開始しました。オリーブも品種により熟し始める時期が違うので、とりあえず新漬けに適した実を選びながら収穫します。新漬けに適した実は濃い緑から少し黄色みがかった実が良いのですが、品種によってはほとんど黒く熟し始めています。黒い実は新漬けにしても柔く歯ごたえがなくなりますが勿体ないのでつけ込みます。
 2回目の新漬けは1週間から10日後になる予定です。


新漬けになりそうなオリーブ
IMGP4728.jpg
IMGP4727.jpg

収穫したオリーブを緑の実と黒い実に分けてつけ込みます。
IMGP4729.jpg

最初の作業は苛性ソーダ液に一晩浸しあく抜きをします。
一晩浸すと渋(灰汁)のポリフェノールで赤ワイン色に染まります。
この色が消えるまで約3日間小まめに水替えの作業が続きます。
その後1~3%に1日毎に増やす3段階の作業になるので、すべて完了まで約1週間は必要です。
IMGP4730.jpg

3群目の採蜜

 秋になって3群目の採蜜となりました。3群目はブルーベリー畑に置いてある日本ミツバチからです。ブルーベリー畑といってもブルーベリーの蜜というわけではなく、日本ミツバチは気ままにいろんなところから集めるので百花蜜になってしまいます。

ブルーベリー畑のネットの外に設置してあります。
IMGP4719.jpg

上1段を切り取ると蜜にはしっかり蓋が掛けられています。
IMGP4720.jpg

いつものようにビニールの袋の中で垂らします。
IMGP4722.jpg

垂らした蜜の糖度は79.8%ですから合格です。
IMGP4726.jpg

今年最後にしたい草刈り

 草は霜が降りるまで伸びますが、今年の草刈りは最後にしたいと思いながらブルーベリー畑の草刈りです。
ブルーベリーのシーズンが終わったので少し手を抜いていたら草がすごく繁茂してしまいました。10月に入り草の勢いも衰えてくるだろうと今年最後の草刈りを始めています。
 1回の草刈りで10リットル近い混合油を使うので、年5~6回作業すると燃料の消費も無視できません。


IMGP4723.jpg 

IMGP4724.jpg

秋の採蜜

 9月末の採蜜です。今年の新群からの初採蜜なので育児にあまり使われていない綺麗な巣に貯蜜されているので蜜の量も多めのようです。

採蜜のため最上段を切り離したところ。
IMGP4706.jpg

巣箱から蜜の詰まった巣を外しました。
IMGP4709.jpg

ビニールの袋の中で垂らします。
IMGP4710.jpg

取り出した蜜の糖度は80.5%ありました。
IMGP4718.jpg

朝日に照らされた蜘蛛の巣

 朝日に照らされた蜘蛛の巣が綺麗だったので思わず写真を撮ってしまいました。
1枚目は小さな蜘蛛の巣で朝日に照らされCDのように輝いていました。
2枚目は大きな蜘蛛の巣なのですが左右半分ずつ蜘蛛の糸の色がそれぞれ違うのです。右側は普通の半透明の白色で左半分は黄色い蜘蛛の糸で作られていました。蜘蛛が意図的に糸の色を変えたのか捕食した虫が原因で糸の色が変わったのか不思議です。


写真の写りが良くありませんが、朝日を反射し綺麗に輝いていました。
IMGP4715.jpg

左半分が黄色い糸で作られています。
IMGP4716.jpg
プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム