青空の下の剪定

背丈以上のラビットアイ系を上を向いて剪定していると、澄み渡った空の青とブルーベリーの紅葉がとても美しかったので思わずスマホで写真を撮ってしまいました。
 

今日は青空がとても綺麗でした。
DSC_0027.jpg
DSC_0026.jpg

ブルーベリーの剪定とミノムシ取りミノムシ取り

 ブルーベリーの剪定作業を始めていますが、今年はミノムシの発生が多くブルーベリーの樹が丸坊主にされ枯れてしまった樹が数本あります。無農薬なのでミノムシを手で取るようにしていますが見逃したミノムシが繁殖してしまったようです。これらのミノムシを出来るだけ取り除いておかないと来年また大きな被害が出てしまいます。そのためミノムシを捕りながら剪定作業を進めることにしています。
 ミノムシをビニール袋に捕獲しそのまま処分しても良いのですが、いつものミノムシを研究している方に連絡し取りに来てもらいました。


ビニール袋に捕獲し、ミノムシの研究材料に利用して頂きます。研究所は同じ市内なのですぐ取りに来られました。
DSC00692.jpg
DSC00691.jpg


ブルーベリーの葉を食べ尽くしたミノムシ。
DSC00696.jpg

汚水管の詰まりに注意

 水洗トイレの洗浄水が流れにくく便器が古いので詰まりやすくなったものと思い、新しい便器を注文したところ、取り付けに来られた業者の方の指摘で汚水管が詰まっていたことが原因でした。
汚水管の詰まりまでは考えが及びませんでしたので今後は注意が必要です。
 そして、問題の詰まりの原因は汚水管のつなぎ目から侵入した木の根でした。木の根は何年も前から侵入していたものと思われます。取り出してみると約3mの長さで汚水管の中を這っていたのです。
 木の根を取り出そうと引っ張っても抜けず、根の進入口はどこなのかも分からないので汚水管を洗浄しカメラで見ることの出来る業者に依頼したところ、汚水ますから上流に1mの所と確認でき、その部分まで掘り進め進入している根の確認が出来ました。
 汚水管を切断しないと根が取れないので、業者に汚水管の修理をお願いすることになり思いがけない出費となりました。
樹木の多い所への配管には注意が必要です。


汚水管の中に延びた根を引き抜いたところ。上流部分は引き抜けません。
DSC_0023.jpg

汚水ますの中の根の状態。これでは汚物も詰まってしまいます。  上に出ている管は洗面台の排水管です。
DSC_0025.jpg

黄色の丸のつなぎ目から根が進入していることが分かりました。赤丸は進入している外の根を切断したところ。
DSC00688.jpg

進入口のアップ。しかし、この管のつなぎ方、通常は繋ぐためのソケットを使うと思いますが?。
DSC00689.jpg

ブラックベリー剪定作業

ブログを怠けて半年弱の間更新しないでいたところ運営元に不正アクセス防止のためロックされてしまいました。ボームページもロックされ更新が出来ない状態でしたが、運営元FC2のお知らせメールで何とか解除できほっとしたところブログのロックが解除されません。とりあえず書き込みは出来るようになりましたが、まだロックされている状態です。

さて、今年もブルーベリーやラズベリー、ブラックベリーの収穫が終わり来年に向けての管理作業を始めているところです。
管理作業は、ブラックベリーの剪定から始めます。年内に剪定や施肥の作業を完了させる予定ですが、急がずにのんびりとマイペースで進めようと思っています。

ブラックベリーの剪定
「カイオワ」という品種から着手。実が大きく美味しいのですが、バラのように鋭いトゲがあるので作業も注意が必要です。
IMGP5116.jpg
IMGP5118.jpg
プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム