重箱式巣箱の久々の内検で安心と焦りが

 今朝巣箱を見に行くと、巣門から雄蜂の巣蓋がいくつか捨てられておりました。蜂飼い1年未満の私には初めてみる雄蜂の巣蓋です。この巣蓋から10~20日後に分蜂が起こると言われておりますので、そろそろ誘導板や待ち箱の準備をしようと思います。
 11月末の巣箱の冬囲い後、一度も内検をしないでいました。暖かくなったので今日巣箱の冬囲いを取り払い、久しぶりに内検をしたところ、底板には落ちた巣もなく、巣くずもそれほど多くないように見えました。よく見ると雄蜂の巣蓋が底板にたくさん落ちているのが確認できます。
 ひとまずは安心しましたが、去年の暮れよりも巣がだいぶ成長しています。去年の暮れには上から4段目にかかる程度でしたが、現在は5段目の中頃まで成長しています。勢いが良く嬉しいことですが、この巣は重箱を5段以上積み上げできない理由があり、継ぎ箱をするには上の1段目を取ってあげなければなりません。分蜂寸前のこの時期に採蜜を試みるのはいかがなものか悩みましたが、巣の成長が早いようなので近々暖かい日に強行採蜜に踏み切ります。この時期になっての採蜜が逃去や分蜂に影響が出ないことを祈るばかりです。


今日巣箱の冬囲いを取りました。
IMGP1528.jpg   IMGP1534.jpg

雄蜂の巣蓋が外に現れました。分蜂は4月10日頃でしょうか。底板にも雄蜂の巣蓋が落ちています。
IMGP1525.jpg   IMGP1531.jpg

内検すると、ハチ達は勢いがあるようです。重箱5段目の中近くまで伸びています。ホースで息を吹きかけ蜂にどいてもらうと、新しいきれいな巣が現れました。女王蜂の王台は確認できません。
IMGP1530.jpg   IMGP1533.jpg




Comment

Secret

プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム