待ち箱を設置してみました。

 関東地方の分蜂時期にはまだ早いと思いますが、待ち箱をとりあえず2セット我が家の庭に設置してみました。日本ミツバチを呼び寄せるキンリョウヘンの花茎は、まだ5センチ程度でまだまだ咲きそうにありません。分蜂時期には咲いて欲しいと願っています。
待ち箱の1つは既存の巣箱の脇に、もう一つは自然の巣があるところから20m位離れたところです。実は日本ミツバチの自然巣が我が家のすぐ近くにあるのを先日発見したのです。それは、我が家の入居している巣箱から約100m程のところにある、大木の洞の中でした。もしかしたら去年入居した我が家のミツバチは、そこの分蜂群だったのかもしれません。再度その自然巣の分蜂群を捕獲したいと、待ち箱を置いてみました。


1つ目の待ち箱。既存の巣箱の脇。写真左側の枯れかけたシイの木の中に巣箱があります。写真右上に竹の分蜂誘導板を付けてあります。
IMGP1574.jpg

2つ目は、自然巣から20mの所に誘導板とセットで設置してみました。(誘導板は写っていませんが、待ち箱の上部にあります。)
IMGP1573.jpg

Comment

Secret

プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム