自然入居群とアカリンダニ検査

 どうやら自然巣の分蜂も終わりに近づいたようです。待ち箱の脇に置いてあるキンリョウヘンの花に探索蜂がよって来なくなりました。まだ自然分蜂群の入居もあるかもしれませんが、入居の無かった空箱とキンリョウヘンの撤収を始めています。
 今年の自然群入居による捕獲は、待ち箱を4カ所に合計11箱設置し、入居は6箱でしたので十分な成果であったというところでしょうか。
 そして新たに捕獲した群と既存の群のアカリンダニ感染状況を調べるため、検査をお願いする農業生物資源研究所の前田さんから預かった容器に蜜蜂を20匹ずつ入れ、10検体用意しました。新たに捕獲した自然群の検査結果に不安もありますが、どうなりますか楽しみでもあります。


新たに自然入居した巣箱の一部です。
キンリョウヘンは既にかたづけましたが、キンリョウヘンの威力には改めて感心させられました。
IMGP3087.jpg

IMGP3086.jpg

アカリンダニ感染検査用の容器に入れた検体10瓶です。
検体の捕獲は、巣門を出入りする蜜蜂を一匹ずつピンセットで捕らえるのですが、作業をしているとハチ達が何をしているのだと怒って体の周りを飛び回ります。
IMGP3089.jpg

Comment

Secret

No title

北九州は今、金両辺が満開です。家に一箱、待ち箱をおいていますが、きんりょうへんにたくさん蜜蜂がやってきています。

No title

 北九州でそんなに探索蜂がきているのでは、つくばもまだまだ分蜂はありそうですね。というのも今日5/13、分蜂は今期終わりと引き上げてきた空箱に同じく引き上げたキンリョウヘンを置いておいたところ、100匹以上の探索蜂が寄っていました、おそらく明日あたり本体が来るのではないかと期待しています。分蜂の期間は以外と長いのですね。
プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム