銀座のミツバチを見学してきました。

 銀座のビルの屋上でミツバチを飼っていることは知っていましたが、とうとう本日、見学会に参加しました。「ファーム・エイド銀座」という催し物がNPOの「銀座ミツバチプロジェクト」主催で開催されたのです。屋上には、日本ミツバチが7群と西洋ミツバチが4群が元気に働いていました。都会の街中で、しかも40mのビルの屋上でも蜜を集めて帰ってくるミツバチ達に改めて感激です。街路樹や緑地が豊富なため十分蜜源があるようです。今では、ビルの屋上でミツバチを飼う輪が広がり、他にも数カ所のビルの屋上で飼育したり、植物を植えて蜜源としたりする活動がなされているということでした。
 会場には、「壱岐・5島ワバチ復活プロジェクト」代表の久志富士男さんが見えており、日本ミツバチ飼育には、重箱式巣箱が適していること、蜜源が豊富であれば45日に1回採蜜が可能であること、ハチたちが人に馴れることなど貴重な話を聞くことが出来ました。残念ながらつくば市では、冬になると蜜源となる花々が無くなりますから年間1.2回程度しか採蜜できません。もう11月も終わりでぐーんと冷え込んできました。それに伴いバジルは見るも無惨に茶色の葉っぱになりました。ビワの花も間もなく散ってしまうでしょう。かろうじて今日のところはラズベリーの質素な花にミツバチが来ていましたが、それもいつまで咲いてくれるやら・・・わが家のミツバチは初めての越冬ですから不安と期待で毎日の世話をしています。「銀座ミツバチプロジェクト」のスタッフの方から寒さ予防が必要とのアドバイスをいただきましたので、早速手だてを講じたいと思います。


 ところで、頼みのラズベリーですが、毎日少しづつ収穫して冷凍保存しています。ひょろりとした枝先に真っ赤なベリーが揺れていると嬉しくなります。まだ熟していない実もあるので、今完熟前のラズベリーだけでも赤く色づいてほしいと願ってしまいます。。せっかく受粉して果実になったので最後まで成長させたいのです。欲を言えば、ミツバチたちのためにもできるだけ長く花を咲かせてほしいと思います。

銀座ミツバチ見学会受付
IMGP1261.jpg

屋上のミツバチ見学(屋上の狭いスペースを有効に利用し、巣箱が置かれています。)
日本ミツバチのコーナー          西洋ミツバチのコーナー
  IMGP1252.jpg    IMGP1257.jpg

Comment

Secret

プロフィール

Berries Farm Numajiri

Author:Berries Farm Numajiri
ベリーズファーム ヌマジリの農園ブログです。
主にブルーベリーの様子を随時お知らせします。
退職後にブルーベリー農園を開園しました。趣味で日本みつばちも飼育しています。
ウェブサイト本体:http://berriesfarm.web.fc2.com/index.html

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム